> >

寝ているだけで視力が回復するコンタクトレンズがあった!?



寝ている間に装着すると、翌朝には視力が回復するというコンタクトレンズをご存じですか?

オルソケラトロジー

通常のコンタクトレンズとは逆で、視力を必要としない就寝時につける、

『オルソケラトロジー』というコンタクトレンズです。

TVや雑誌などのメディアにも取り上げられ、ご存じの方もいるかもしれませんが、名前の覚えにくさと、処置ができる機関が限られているため認知度は低いかもしれません。

これはコンタクトレンズで角膜を矯正し、視力を向上させるという特殊なもの。

ただし、効果は一時的なものなので、毎晩装着する必要があります。

個人差もあるため、一日の終わりには角膜が再び屈折してしまい、目がぼやけてしまう方もいます。

特に強度の近視の方は持続時間が短い傾向にあります。

逆に近視の出始めの時期に使用することで、視力を回復させることも可能です。

使用初期は慣らし期間が必要になります。

一晩装着しても視力が回復しない、長時間視力が持続しないこともあります。

メガネとの併用が必要になりますが、度数が合わなくなってしまうため不便に感じることもありそうです。

その場合にはオルソケラトロジーに度数を入れて、日中も装着する方法もあります。
また、一時的にライトなどがにじんで見えたり、乱視がでることもあります。

一ヶ月ほどで症状はおさまりますが、夜間のドライブなどには注意が必要です。

オルソケラトロジーの価格

オルソケラトロジーの価格は両目で約15万円~20万円程です。
保険適用外となり、レンズ代以外に定期診断、ケア用品などの費用も別途必要になります。
20万円以上かかるクリニックもありますが、ケアなどの費用も含めた料金であることも
ありますので、事前に確認しておくといいでしょう。

メリットはやはり裸眼でいられる快適さです。

コンタクトレンズによる乾燥や疲れ目、目にゴミが入った際の不快さがなくなります。
ドライアイに悩んでいる人には、お勧めの商品といえるでしょう。

レーシック手術のように、手術前の状態に戻せないということもありません。
オルソケラトロジーの使用をやめれば、視力も元に戻ります。

いきなり購入しなくとも、少額の費用でテストコンタクトを試すこともできますので、
お試しで使用してみるのもいいかもしれません。


オサート

オルソケラトロジーと同じ原理のコンタクトレンズに『オサート』という商品もあります。
これは三井メディカルクリニックによる治療方法で、コンタクトレンズのデザインを段階ごとに変更を加えていくというものです。

オルソケラトロジーでは適用外な障害を持っている方にも対応可能なレンズになっています。

慣れるまで大変かもしれませんが、長期使用することで持続時間が1日以上持つという人もいます。

近視が進む前に挑戦してみるといいかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.