> >

ソフトコンタクトレンズ購入前の予備知識



ソフトコンタクトレンズを購入するとき、どの製品を購入すべきか迷うことはありませんか?
ソフトコンタクトレンズ購入前の予備知識
各社、様々な商品を展開しているため、販売店にて一つに絞るのもなかなか難しいものです。

ついつい、販売店のお勧め商品を購入してしまうことはありませんか?

あらかじめどのような商品があるのかを知っておき、専門知識のある店員さんと相談しながら選ぶのが賢い購入の仕方ですよね。

購入前の予備知識として学んでおきましょう。


常用型と定期交換型

ソフトコンタクトレンズには常用型と定期交換型があります。

洗浄をしながら長期(1年以上)使用できるものと、2週間、1か月ごとに新しいレンズに交換するものがあります。

コストは長期のものほど安くなりますが、眼病などのリスクは高くなります。
逆に、1dayなどの1日使い捨てタイプほど安全性は高くなります。

費用とライフスタイルによって使うタイプを決めましょう。


水分量をチェック

まずは水分量をチェック、水分量は含水率を見ます。

高含水レンズほど水分が多く、目になじみやすい特性をもっています。

ですが、涙を吸収して目を乾燥させる恐れがあり、汚れが付着しやすいデメリットがあります。

低含水レンズはその逆となるので、涙の少ない人に向いています。

初めてレンズを使用する場合は、なじみやすい高含水レンズが向いています。


UVカット機能

スポーツやレジャーに使用したい、外出が多いという人にはUVカット機能のあるコンタクトレンズがお勧めです。

近年の研究で目から入った紫外線により、皮膚が日焼けをしてしまうということが分かっています。

また、眼球にとっても強い紫外線は有害なものです。
UVカット機能のあるコンタクトレンズなら屋外でも安心です。


カラー付きコンタクトレンズ

カラー付きコンタクトレンズ、いわゆるカラコン。

ファッションレンズとして、目を大きく見せる効果のあるコンタクトレンズです。
サングラスのように、見る景色の色が変わることはありません。

自然に黒目を目立たせるものから、外国人のように瞳の色を変えてしまうものまで様々です。
ただし、着色部分と自分の目の大きさが合わないと宇宙人のような黒目の大きすぎる不自然な瞳になってしまうので要注意です。



迷った時は、コンタクトレンズによって、どのような効果を得たいか、自分の生活にどう取り入れていきたいかを想像しながら、眼科医や販売店にて相談してみましょう。

適切なアドバイスをもらいながら、選ぶことができると思います。
せっかく購入するのなら、自分で納得したものを選びたいですよね。

自分にピッタリのレンズを見つけるため、お勧め商品を色々と試してみるのもいいかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.