> >

ドライアイを改善したい




医療用コンタクトレンズの使用には、次のようなメリットがあります。

・眼球に直接乗せるものであるため、視野が狭くなることがない
・食品の湯気などでレンズが曇ることがない
・強度の近視、または左右の視力に大きな差異が生じている場合の視力矯正に役立つ
・眼鏡のようにその状況により装着したり外したりするものではないため、煩わしさがない
・外部からコンタクトレンズが見えることがないため、他人に気づかれにくい

このように多くのメリットを持っているコンタクトレンズではありますが、一方でレンズを装着することによるトラブルがないわけではありません。

たとえば、ドライアイの問題。

普段コンタクトレンズを装着していない方であっても、長時間に及ぶパソコン操作や携帯電話の操作、テレビの視聴などによりドライアイの状態が起こることは十分に考えられます。

コンタクトレンズの使用によりドライアイが起こる原因は、コンタクトレンズにさえぎられて、角膜へ届く酸素の量が少なくなってしまうということ。

どれほど性能のよいコンタクトレンズであっても、裸眼の状態と比較した場合には、どうしても装着時には角膜への酸素の量が少なくなります。それには装着時間の許容範囲を超えないことがひとつの予防となります。

ところが、コンタクトレンズの使用に加えて、上記で例に挙げた長時間に及ぶパソコン操作などが加わると、ますますドライアイを引き起こしやすくなり、また、悪化させてしまうことも考えられます。

それでは、コンタクトレンズを装着し、なおかつ、目を酷使する生活習慣が常習化している場合のドライアイ予防法について考えてみることにしましょう。


ドライアイは目の病気?

ドライアイとは、目を保護する目的で分泌される涙の量が不足したり、涙に含まれる成分の質に変化が現れたりすると起こりやすくなる、目の病気です。

コンタクトレンズがドライアイを誘発することは前述のとおりですが、コンタクトレンズの使用とともに目を酷使し続けると、やがては分泌される涙の量が極端に減ったり、目の一部に涙が行き渡らなくなったりすることがあります。

そしてその状態がさらに悪化すると、目の表面に細かい傷ができ、「常に目が乾いている感じがする」、「いつでも目に疲労感がある」、「自分の身近にある物体がかすんで見えることがある」、「特に太陽光が目に入ると痛い」、「ゴロゴロした感じがある」、「朝起きたときに目ヤニが出ている」、「目のかゆみ」という、不快な現象が起こりはじめます。


ドライアイは改善できます

まず、あなたの日常を振り返ってみましょう。
とくに長時間のパソコン操作が多い方などは自覚されていることもあるのではないかと思いますが、気がついたら、まばたきすることも忘れて、パソコンの画面にへばりついていることがないでしょうか?
この行為は本当にドライアイを助長させてしまうことになりますので、意識して深いまばたきをすることを心がけましょう。


5秒間まばたき

これは、実際に私が実践しているまばたきの方法であり、ドライアイにとても効果的ですので、この場を借りてご紹介させて頂くことにします。(私は現在、ワンデーアキュビューモイストを常用しています)
方法はとても簡単。
瞼を閉じて、5秒を数えます。目を開けてからすぐに瞼を閉じます。これを5回前後繰り返します。
ドライアイが起こると、同時に生あくびが出ることがありますが、そのようなときにこの方法を実践すると、かなり目の表面が潤います。


目を温める

温かいタオル、またはホットアイマスクを使用して、瞼の上から目を温めます。これをすることにより目の周囲の血行がよくなり、涙の分泌がスムーズに行われるようになります。


マッサージ

これも、とても効果の高い方法です。
目が乾いている感じが起こったら、ひとまず瞼を閉じます。それから人差し指、中指、薬指を使って、瞼の上から優しく眼球を押します。このときにはあまり力は入れず、軽く眼球をマッサージするような感覚で行うとよいでしょう。


点眼薬の使用

上記の事柄を実践しても、ドライアイがなかなか改善されないこともあります。そのような場合には、現在使用しているコンタクトレンズの処方をしてもらった眼科で、専用の点眼薬を処方してもらうという方法があります。

ですが、すぐに眼科で診察を受けることができないこともあるでしょう。

そのような場合には、応急処置として薬剤師さんが勤務している薬局などで点眼薬を手に入れるという方法があります。現在では「人工涙液」と呼ばれる、涙に近い成分配合の点眼薬が数多く販売されています。
ただし、コンタクトレンズの種類によっては、装着中に点眼薬を使用できないこともありますので、普段からご自身が使用しているコンタクトレンズの種類や型番をメモしておき、薬剤師さんに相談してみることをおススメします。

ドライアイが起こると、私たちの身体にはさまざまな不快な現象が現れはじめます。上記では、一般的なドライアイの改善方法についてご紹介させて頂きましたが、目のかゆみがひどかったり、充血がいつまでも引かなかったりする場合には、ドライアイ以外の目の病気を発症していることも考えられます。
このようなときには一刻も早く眼科で診察を受け、適切な処置を受けて下さいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.