> >

コンタクトレンズは「高度管理医療機器」です



コンタクトレンズには、医療用コンタクトレンズとファッション用(度の入っていないカラコン)とがありますが、どちらも「高度管理医療機器」であり、たとえファッション用であったとしても、その扱いは医療機器となります。
コンタクトレンズは「高度管理医療機器」です
つまり、どちらの種類のコンタクトレンズであっても、その取り扱いや使用方法には十分に注意を払う必要があるということです。

今回は医療用コンタクトレンズに焦点を当ててお話をさせて頂きますが、その前に、ハードタイプとソフトタイプの違いと、ケア方法についてのお話をしておくことにしましょう。

1.ハードタイプとは

ハードタイプには、素材そのものが酸素を通さないものと、酸素透過性の素材で作られたものとに分類されています。ソフトタイプが台頭する以前では、酸素を通さないものが主流となっていましたが、現在ではこのタイプのコンタクトレンズはほとんど使用されることはなく、酸素透過性のものが主流となっているようです。このタイプのレンズの特徴は黒目より小さな形状となっているということ。現在、酸素透過性のタイプのレンズが乱視矯正用などの治療用コンタクトレンズに多く用いられています。

ハードタイプのメリット・デメリット

メリット・・・硬い素材であるため、目に異物が入ってきたときなど、すぐに異常に気づくことができる、乱視矯正力が高い
デメリット・・・はじめての装着時にゴロゴロ感や痛みを伴い、慣れるのに時間がかかる(早い方では1週間程度、通常は2週間程度)

2.ソフトタイプとは

コンタクトレンズの素材に水を含まない非含水タイプ、水を含む含水タイプ、素材にシリコーンを使用しており、より酸素透過性が高くなっているシリコーンハイドロゲルタイプに分類されています。以前では非含水タイプの製品を多く見かけましたが、現在では目に優しい含水タイプとシリコーンハイドロゲルタイプが主流となっています。黒目より大きなサイズとなっているのが特徴です。

ソフトタイプのメリット・デメリット

メリット・・・眼球への密着度が高く外れにくいため、ハードなスポーツを行う際にも安心して使用することができる、柔らかい素材であるため、始めて使用する際にもゴロゴロ感や痛みを感じることはない
デメリット・・・レンズそのものが柔らかく知り扱いが難しいため、装着に慣れるまでに時間がかかる(眼科によっては、完全に装着できるようになるまで指導を行う場合もある)、異物の侵入に気づきにくく、目の病気などの発見が遅れることがある

ケア方法について

ハードタイプのケア方法

「こすり洗い」が基本です。特に現在主流となっている酸素透過性の高いレンズの場合、素材そのものがデリケートであり、汚れが付着しやすいという特徴を持っています。つまり、「こすり洗い」により、汚れを綺麗に除去しておく必要があるということであり、これを怠ると、思わぬ目の病気を発症することもありますので、十分な注意が必要です。
「こすり洗い」が完了したら、専用の保存液で保存しますが、使用する容器は常に清潔に保ち、保存液はその都度交換しましょう。

ソフトタイプのケア方法

こちらのタイプも「こすり洗い」が基本となりますが、ハードタイプよりもはるかに種類が多く、その製品ごとにケア方法が異なります。ソフトタイプを購入した際には、医師あるいは薬剤師から詳しい説明がありますので、それに準じた正しいケアを行うことを心がけて下さい。

上記では、コンタクトレンズの種類とケア方法について簡単にお話をさせて頂きましたが、「高度管理医療機器」であるコンタクトレンズはとてもデリケートです。コンタクトレンズを安全に使用するためには、正しいケアが不可欠です。
毎日のケアが面倒であると思うことがあるかもしれませんが、あなたの大切な目を守るためにも、正しいケアを行い安全にコンタクトレンズを使用しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.