> >

私はコンタクトレンズを使い続ける方がよい



私は小さい時からテレビゲームが好きで、その頃からすでに目が悪い。視力を矯正しなければ、2メートル先の人の顔の判別も出来ないほどです。

小さいときは眼鏡を着けていたが、成人してからはコンタクトレンズを使用しています。
眼鏡よりコンタクトを着ける理由は、眼鏡が煩わしいからです。

眼鏡を着けて風呂は入れないし、激しいスポーツをする時は眼鏡が邪魔で仕方ありません。

なので、もっぱら普段はコンタクトを使用しています。

ここ最近、レーシック手術というのが話題に上がっています。
悪くなった視力が元に戻るというものだそうです。

レーシック手術を受ければ、コンタクトも必要なくなるのでしょう。
確かに眼鏡程ではないが、コンタクトだって煩わしい部分もあります。

毎朝、装着しなければいけない手間に、ケアやクリーニングだって必要になります。
しかしながら、私はレーシック手術を受けようという気が全くしないのです。

それは何故でしょうか?

レーシックが後遺症が残る可能性がある

答えは後遺症が残る可能性があるからです。
勿論、後遺症が残らない可能性だってあります。

実際、私の周りでレーシック手術を受けられた方もおられますし、その方はレーシック手術を受けて良かったと言っておられます。

しかし、色々な情報媒体から調べていくと、レーシック手術を受けた後の後遺症に悩まされる人が大勢いる事が分かります。

必ず成功する手術なんてものは人間がやる以上、ありえない話なのはわかります。
が、それにしてもあまりに後遺症に関する声が多い気がするのです。

リスクとリターンを天秤にかけて測れば、自ずと答えが出てくると思います。


コンタクトにもリスクがあります

コンタクトにも全くのノーリスクではない事も確かです。

装着、脱着時に不意に目を傷つける可能性もありますし、不衛生なコンタクトを装着しつつければ、失明に繋がる事もあります。

それでも、それらは自己管理によって極力リスクを抑える事ができるのです。

逆にレーシック手術は術後にリスクマネージメントを行う事は難しく、せいぜいできる事というのは、信頼できる医師によって手術を行ってもらう以外にないかと思います。

では、信頼できる医師というのは誰かという問題ですが、そこが一番の問題ではないかと考えます。

信頼できる医師を探すという途方もない苦労と現状のコンタクトレンズでの不便さを秤にかけると、私はコンタクトレンズを使い続ける方がよいのではないかと思い、現状に至るのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.