> >

私にレーシック手術を行うメリットがありません



私はかれこれ5年間コンタクトレンズを利用しています。友人の中には以前はメガネやコンタクトレンズを使用していて、途中でレーシックを受けたという子もいて少しレーシックに対して興味の湧いた時もありましたが、結局はずっとコンタクトを使っています。


レーシックではなくコンタクトの理由

なぜレーシックではなくずっとコンタクトレンズを使っているのかと言うと、正直言ってレーシックと言うもの自体が怖いからです。

レーシック手術を受けると言うこと自体が怖いですし、レーシック手術による事故のニュースを見聞きして余計に受けたく無くなりました。

必ずしも良いことばかりではなくレーシック手術を受けたことで炎症を起こしてしまったり、痛みを伴う様になってしまった人のことをネット上のブログ等で知って、「レーシックなんてやるもんじゃないな」と思ってしまった時期もありました。

レーシックを受けた友人は特にそういった被害は無かったそうですが、だからと言って私にも起こらない可能性が高い訳でもありません。

不安に思う位ならばやらない方が良いので、結局はコンタクトレンズを使い続けています。

レーシックをしても視力は落ちてくる

それからレーシック手術をしても年月を経るうちに視力が変わるために結局メガネ等による矯正が必要になるということを知り、どうせ手術してもいつかはっきり見えなくなってしまうのならばやらなくて良いやと思う様になりました。

視力が良くなるのも一時期で結局は矯正が必要になるのなら、どこにメリットがあるのでしょうか。

やはり、体は一生ものですし手術を受けたことで後々弊害が出てくることも面倒ですので、これからもコンタクトレンズやメガネを使い続けようと考えています。

今のところコンタクトレンズに何か不満や不便があることもないので、そう考えると私自身にレーシック手術を行うメリットもありません。

それならば無理にレーシック手術を受けるのではなくて、コンタクトレンズを使い続けて今まで通りに過ごしていこうと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.