> >

レーシックよりもサークルレンズを今は楽しみたい



私は目が悪くてコンタクトをしています。寝る時や家にいる時などはメガネです。
レーシックもだいぶ流行っていますが、私も興味があります。
レーシックよりもサークルレンズを今は楽しみたい
朝目がさめて、メガネをつけなくても、スッキリと見えるのが本当にうらやましいと思うからです。

それに水泳する時など、裸眼のままだったら目に水が入ったりすのを恐れる心配もありません。

しかし実際レーシックをするのはまだ抵抗があります。


レーシック難民

一度テレビで見たのですが、レーシックで成功した人ももちろんいますが、実はレーシック難民といって、失敗してしまって、仕事もできなくなってしまったような人も多いのですよと、いうような話でびっくりしたのを覚えています。

中にはピントが合わなくなってしまって、そのせいで頭痛に日々ひどく悩ませられる人もいました。

それに目を開けたまま、視界にいろいろ入ってくる中での手術も怖いです。

そういう点で抵抗があるので私は今のところはコンタクトでいいなと思っています。
コンタクトはやはりつけていてもつけている感じもなくて楽です。

メガネはフレームが視界に入ってきたり、下を向いたら下がってきてしまったりするので私は苦手です。


カラーコンタクトを利用してます

それに私はカラーコンタクトを利用しています。

サークルレンズとも言われていますが、私が使っているのは派手な色のものじゃなくて、黒色や茶色といった自分の目の色に近いものです。

ナチュラルだけども、目が大きく見えてぱっちりするので印象が結構変わります。

メイクをする時も仕上がりがコンタクトありかなしかでだいぶ変わります。

それにデザインや色もシンプルな中にも種類があるので、今日はどのコンタクトをつけようかな、とファッション感覚で楽しむこともできます。

レーシックをしたら、コンタクトはもうつけないでしょう。
つけない方がつけるよりも目のためにいいのですから。

サークルレンズを今はつけて楽しみたいので、レーシックは今のところ私にとっては必要じゃないと思います。

いつかもっとレーシックの技術が上がり、安全性も上がり、値段も下がり、カラーコンタクトに興味がなくなった時はまた考えようと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.