> >

小心者なので多分今後もコンタクトレンズ一筋



コンタクトレンズ歴が30年程なので、自分の瞳はかなり傷だらけだと思います。初めてコンタクトレンズを試したときは、目がものすごくゴロゴロして気持ち悪かったです。
しかし、慣れてしまえばこちらのものです。

目のことやお値段の関係上ソフトレンズからハードレンズに変えたことがありましたが、自分にはハードレンズが合いませんでした。
小心者なので多分今後もコンタクトレンズ一筋

最近は驚くほど安いコンタクトレンズ

昔は今のように種類もなくお値段も高かったです。

一度コンタクトレンズを買うとなくさないように大切に使いましたが、最近は驚くほど安くて簡単に手に入ります。

それを考えると買うのが楽なので、レーシックを受けるよりコンタクトレンズでも良いと思います。

しかし、近年老眼が出てきてしまい、近視だけのコンタクトレンズでは見えずらくなりました。

近視の人は老眼にならないと思いましたが、違うことに気づきました。


レーシックを受けたいが失敗したらどうしよう?

そう思うと本来は、レーシック手術を受けたほうが良かったのかなと思います。
しかし、レーシックの手術で失敗をしたというニュースなどを見ると少しぞっとします。
だけど、手術をしてしまえばどんなに楽な生活が送れることだろうと思うと頭のどこかにレーシック手術も視野に入れいる自分がいます。

そう思いながら、ずるずる今に至っています。

内心は手術を受けたい、しかし失敗したらどうしよう?という感じでなかなか踏ん切りがつかないというころが本音です。

コンタクトレンズは毎日のお手入れを怠ると目に炎症を起こしたりするので、気を使います。

旅先などで、レンズケースや保存液を忘れたりすることもあります。

視力が悪いということは本当に厄介だなとつくづく思います。

なんだかんだ言わせていただきましたが、小心者なので多分今後もコンタクトレンズ一筋だと思います。

いつか簡単に安全な手術が出来るようになったら、レーシックの手術をしたいと思います。

自分と同じ考えの方はけっこう周りでもいるので、内心はレーシックを受けたい、しかし怖いのでコンタクトレンズのままということです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.