> >

多少の不便でもコンタクトで現状は我慢



現在メガネではなくコンタクトを使う理由は、スポーツをしていて邪魔にならないから。なので本当は裸眼でスポーツが出来るレ―シック手術は魅力的です。
多少の不便でもコンタクトで現状は我慢

魅力的なレーシックを受けない理由

朝起きてコンタクトを付ける時間、なかなかコンタクトが目に入らないイライラや、花粉の時期や砂埃が舞う風の強い日などコンタクトつけていて目が痛くてレ―シック手術を受けようかと何度も考えたけれども、結局レ―シック手術をしない理由は後遺症が怖い、万が一の医療事故の際の保証や目にメスやレーザーを入れた角膜が元に戻らないで失明するのではないかと思うと躊躇します。

実際にニュースなどで大手の眼科医で角膜感染で失明の危機になった患者が裁判していると聞きますと、自分も失明するのでは、そのリスクを負ってレ―シックの手術を受けるのなら、多少の不便でもコンタクトで現状は我慢して、レ―シック技術がもっと安全に行われるまで待とうと思います。

また、レ―シックの手術を行う眼科のホームページなどを見るとあまりレ―シック手術のリスクが書いてないのが怖いです。

特に私はスキューバダイビングを趣味としてしていますが、万が一水中でマスクが外れた時の水圧にレ―シック後の目が耐えられるのかなど疑問です。

大手の眼科医では、そのような患者は通常の手術ではなく最先端の手術がありますがお値段は、倍以上かかりますと言われた時にボッタクリじゃないかと思いました。

また、レ―シックで視力は回復するが見え方が変わったりするなどの説明が無いのも怖いです。

手術した後に、これはレ―シック特有の症状で治りませんとか、しょうがないですと言われてその後一生後悔すると思うと、そのような症状が少ないにせよ、少し調べるとレ―シックの手術を受けた人の中に、かなりの確率で多少の不満は感じているとのアンケートを見てしまうとコンタクトで良いかなと思います。

また私は30歳代後半ですが、レ―シックで近眼は治っても、老眼が早く進行して折角レ―シックでコンタクトがいらなくなっても老眼鏡が欠かせなくなった、会社の上司を目の当たりにしているので躊躇います。

レ―シック手術と言っても幾つもの手術方法があって、どの手術を選べばいいのかもっと詳しいガイドラインがあれば、もう少し検討するのでしょうが、現状では怖いと言う思いが先行してコンタクトで我慢しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.