> >

失敗しても取り返しがつかないレーシック



私は小さい頃からかなり目が悪い子供でした。小学校高学年で目がぼやけ初めて中学生に上がった時に初めて眼鏡を作ってもらいました。

当時かなり目が悪い方だったので、レンズもかなり分厚く体育やスポーツの時はかけれなくて結構不便だっとことを覚えています。

高校に入りコンタクトを付け始めました

高校に入り、眼鏡をかけるのが恥ずかしかったり、億劫だったりで、眼鏡をかけないで生活していたらかなり目が悪くなってしまいました。

そこで眼鏡を新しくするとともに初めてコンタクトを付け始めました。その時買ったコンタクトは1データイプでケアもいらなかったのですごく楽でした。

それと同時に眼鏡と違い、コンタクトは裸眼でかなり目がよくなった気がするぐらいとんでもなく見えたので衝撃を受けました。

そこから15年あまり、コンタクトを愛用しています。

途中ドライアイなどにも悩まされ、眼鏡のみの生活にもしましたが、やはりコンタクトが便利で使いやすく今に至ります。


最近レーシックが話題になってきました

スポーツ選手や芸能人がレーシックをしたというニュースを見る度、ちょっと試してみたい気持ちに駆られます。

というのもここ何年かかなり目が悪くなってきて、今のコンタクトではまた度が合わなくなってきた気がするからです。

でも反面、手術後の副作用が怖いなという気持ちもあります。

眼科医の先生が眼鏡だから、とか、手術後目の瞳孔がひらききってしまったとかの話も聞いて、視力が戻るならと興味を持っていた気持ちも、やっぱり怖いな…としり込みしています。

また目という場所柄、失敗しても取り返しがつかないというのも怖いところです。

視力が悪くなっていずれ失明したりするのも怖いですが、手術後に目の調子がおかしくなったり、それこそ目が見えなくなったりするのはもっと怖いなと思うわけです。

だったら現状維持、それかむしろ眼鏡に戻る?そんな葛藤もありつついまだレーシックに踏み切れていません。

コンタクトもし始めたころは、何十年後にならないと副作用がでるかわからないと言われました。

レーシックも今よりももっと先に何らかの症状がでるのかも…と様子を見てしまっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.