> >

レーシックはまだ新しい技術なので



私はコンタクトレンズを使用しています。レーシックについては、その施術を検討したこともありましたが、結局、断念しました。


レーシックはまだ新しい技術

その理由としては、レーシックというのがまだ新しい技術で、情報量が不足しているためです。

コンタクトレンズは、割と昔からある技術です。

もちろんこれに関しても、装用時間が長い、消毒や目のケアをしないなど、適切に使用しなければ眼病等のリスクは充分ありえます。

しかし、コンタクトレンズの最大の強みは脱着できることにあります。

私はコンタクトレンズを普段使用しますが、目の調子が悪いとき、うまくレンズがはまらないなどのときはメガネを着用しますし、自宅ではメガネで生活しています。

目にかかる負担を最小化するためです。

つまり、眼病の兆候や目への負担が大きいということを自覚してコンタクトレンズの装用をやめ、メガネへ切り替えることがいつでもできるのです。

これに対して、レーシックは目自体への施術を行います。
これは不可逆のものであって、一度施術したら元に戻すことはできません。

逆を言えば、いったん施術してしまえば、装用や着用の手間なく飛躍的に視力が改善すると言うこともできます。

しかし、ここで冒頭に述べた「まだ新しい技術」という不安がつきまとうのです。

レーシックという単語が注目されるようになったのはここ数年と記憶しています。

また、一部の医院で不適切な施術が行われ、障害を負ったという事件があったことも記憶に新しいものです。


レーシックをして10年後、20年後

レーシックの施術を行って、10年後、20年後、目に対してどういう影響があるのか、またはまったく影響がないものなのか。これについては、まだ統計的なデータが存在しないものです。

したがって、今レーシックの施術を行って視力が飛躍的に向上したとしても、10年後には全視力を失う、ということも、ありえないと一蹴できないのです。

これから10年、20年という時を経て、今レーシックを受けた人々がどうなっているか、それを見定めた上で、安全であれば自分の子や孫にそれを受けさせることはありえます。

しかし、少なくとも私はまだ新しすぎる技術には手を出したくない、という気持ちから、コンタクトレンズを使用しているところです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.