> >

金額と手術への不安で二の足を踏む



金額と手術への不安で二の足を踏む

レーシックしてもまた視力が落ちると思う

コンピュータと毎日にらめっこをする仕事をしています。

今のところ転職する予定はないので、仕事をしている限りは、また絶対に視力が悪くなることはわかっています。

絶対に期間限定になってしまうとわかっているものに高い金額を払う気にはなれません。
再手術は1回ぐらいなら可能らしいですが、それで戻してもまた悪くなってしまっては結局無駄にお金を使っただけになります。


失敗したらと思うと怖い

それでも一時期でも視力がよくなればいいかもしれませんが、削った角膜はもとに戻らないし、もしも失敗したら取り返しのつかないことになるのが怖いので、コンタクトのままです。

成功率が高いといっても、100%ではないのでやはり不安です。

もしも失敗して、生活自体が成り立たなくなったら、なんて考えも頭をよりぎます。

さすがに失明するようなことはないようですが、デメリットがまったくないわけではないので、美容整形のように元に戻したり他の方法でカバーすることが難しそうなので、不安はぬぐいきれません。

きちんとデメリットを説明されるだけマシかもしれませんが。聞いたら聞いたで不安は倍増するのは仕方がないことです。

まったく興味がないわけでないので、手術を受けた友人にいろいろと聞いてみたところ、その後のケアが大変だと聞きました。

手術代が高い

それなりにお金がかかるし、それも一定額ではなく、出す金額によってランクが異なり、その話を複数人集まったところでされるので、一人だけ低いもの選択するのも不安になって、結局高いものを選択するしかない状態だと聞きました。

それはその病院が悪質なのかもしれませんが、そういう話を聞いてしまうと、他のクリニックも信頼していいのかどうか不安になります。

金額が今の半分ぐらいだったら、もう少しは考えたかもしれませんが。

それでも、安くなったら安くなったで、どうして安いんだろう?と不安になると思います。金額が高ければ絶対に安心という保障もないので、金額だけの問題ではないです。

メガネやコンタクトいらずの裸眼生活よりも、金額の高さと手術への不安の方が重いので、今のところレーシックを受けようとは思えません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.