> >

レーシックに対する恐怖心



私は小学生の高学年ころから視力が低下し始め、今では裸眼では近くの物もよく認識できないほど目が悪くなりました。
レーシックに対する恐怖心

約10年間コンタクトを利用

高校生になったころからコンタクトを使い始め、約10年間の間コンタクトを利用しています。

コンタクトはとても便利であり、面倒なものでもあります。

目が悪い人の性ですね。

大学生までは2weekタイプの使い捨てコンタクトレンズを愛用していました。

使い捨てタイプは目にも安全で使いやすいのですが、毎日の洗浄が手間で仕方ありません。言ってしまえは本当に大したことのない作業なのですが、毎日毎晩その作業をするのは本当に憂鬱になるのです。

そのため現在は1dayタイプの使い捨てコンタクトレンズを使用しています。

夜になれば捨てればいいだけなので、とっても楽です。

ただし、値段が倍以上になります・・・。

それが今の悩みです。。


手術代と恐怖心

最近、”レーシック”という言葉も珍しくなくなりました。

目の悪い人は、眼科でそのような手術のポスターを以前から目にしていたのではないでしょうか。

私が約10年程前にレーシック手術のポスターを見たときに”とんでもないお金持ちがすることだ”と思っていました。

実際に、面倒くさいコンタクト生活をやめてレーシック手術に踏み切れない理由の一つにその価格が挙がります。

確かに、今後一生この目と付き合っていかなければならないわけで、一生にかかるコンタクト代を計算したら手術代を超えることは容易にわかるのですが、1回の出費としてまとまった額を払うことに抵抗があるのです。

また、レーシック手術をしない理由のもう一つがその恐怖心にあります。

レーシックの存在が知れ渡ったのはここ最近のことだと思います。

医療に携わっている方の中ではずっと昔から知られていた技術なのかもわかりませんが、一般人の私からしたらとても最近のことに感じます。

つまり、その手術を受けたのち、目がどう変化するのか、10年後は?20年後は?30年後は・・・?の保証に信頼を持てないというのが理由の一つです。

また、情報社会の現代においてはレーシック手術の失敗例も出回っています。

ごくごく少数なのかもしれませんが、そのような記事を読むと、(面倒だけど、コンタクト生活を続けるのがいいかな・・・)と思ってしまいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.