> >

自分はレーシックの選択肢はありません



自分は強度の近視と、若干の乱視を患っております。学生時代は眼鏡とコンタクトレンズを併用しておりました。

最近はもっぱらコンタクトレンズ中心にしております。
自分はレーシックの選択肢はありません

親戚にレーショックをうけた人がいる

親戚にレーショックをうけた人がいましたが、その方は、自分以上に乱視と近視が進行しておりまして、視力が0.01以下の計測不能という有り様。

もはや眼鏡やコンタクトレンズでは限界があり、レーシックを受けてみてはどうか?と、すすめられてレーシックを受けたそうです。

その結果、裸眼視力で1.0まで回復したそうで、特注で高額だった眼鏡やコンタクトレンズから解放された日常をおくっております。

その話を聞いたときは羨ましい…と、確かに思いました。

そしてレーシックに対して興味もあったのは事実です。

それでもコンタクトレンズ派の理由

ただ、やはり目にメスをいれるのは怖かったので、現在もコンタクトレンズ(時折、やむを得ず眼鏡着用の併用)で日常を過ごしております。

あくまでも個人的な考え方ですが…自分の場合、選択肢としてコンタクトレンズ、眼鏡、レーシックといくつか選択肢があって、多少の煩わしさがあれども、レーシック以外でも、日常を過ごすことができる場合、極力、そっちを選んでしまいます。

年齢を重ねれば、白内障にかかり、その時、間違いなく目にメスをいれねばならないでしょうが、レーシックも同様に「手術」にあたると感じる以上、やっぱり不安が先立ちます。

「失敗がない」とは言い切れないので、かなりの必要性に差し迫らない限り、自分はレーシックの選択肢はありません。

そういう意味では現在の年齢も影響があると感じます。

自分が学生時代の若いころであれば、この先の長い人生において、何度かコンタクトレンズや眼鏡を買い換えることを考えれば、いっそレーシックを受けて裸眼視力を取り戻してもいいんじゃないだろうか…なんて、今よりも前向きに考えていたかもしれません。

しかし、その頃を随分前に過ぎて、むしろ、これから老眼が始まる年齢に近づきつつある今となってはレーシックを受けてまで裸眼視力を取り戻したい…とは、思えなくなっております。

矯正視力の日常になれてしまったせいかもしれません。

いずれにしても、コンタクトレンズ以上にリスクを感じるレーシックに関しては、必要に迫られない限り、選択肢としては一番遠い存在だと感じております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.