> >

「失敗例」があるし怖いからレーシックをせずコンタクト派



「失敗例」があるし怖いからレーシックをせずコンタクト派

怖いから

私がレーシック手術をしない理由の一つに「怖いから」という理由があります。

まず、「手術」というものが怖いです。

生まれてからまだ一度も大きな怪我や病気をしたことがないため、手術とは無縁の生活を送ってきました。

そのため、手術、しかも目の手術となると目が良くなるという言葉よりも怖いという感情が先にきます。


レーシック失敗例

次にレーシックでの失敗例があるという情報です。

「レーシック」という言葉を当たり前のように耳にしだした頃は100%成功するというような情報が飛び交っていたように思います。

私が主にその情報を仕入れていたのはフリーペーパーの広告でしたが、その広告のどれもが「手術代は高いが、コンタクトレンズをずっと買うことを考えたらレーシック手術をした方が後々安いと思う」という言葉が並んでいたのを覚えています。

広告という手段のため、後遺症の有無やデメリットになることは書かれていなかったように思います。

しかし、最近はレーシックの失敗例をよく耳にするようになり、中には術後に失明寸前になったという情報まで出てきました。

やはりそのような情報を聞くと、もしも自分が手術をして失敗した場合のことを考えてレーシック手術に対して二の足を踏んでしまいます。

結局メガネやコンタクトレンズに再び頼ることになる?

最後にレーシック手術を受けた後のことです。

術後、視力が回復してもまた視力が悪くなることがあるのではないかという不安があります。

そうなった場合、再手術するにもお金がかかるはずなので、結局メガネやコンタクトレンズに再び頼ることになるのではないかと思っています。

術後に絶対視力が下がらないものだと聞いたことがないため、術後に視力が下がった時のことをどうしても考えてしまうのです。



これらが私がレーシック手術を受けずにコンタクトレンズを利用している主な理由です。
レーシックに関しては未だに正確な情報を得ることができないため、私のように不安が大きい方も大多数いらっしゃると思います。

まずはレーシックに関する正しい知識を広めていけば、私たちもレーシックにするか、コンタクトレンズにするかで選択肢も広がりやすくなると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.