> >

国内初!安全で可愛い国産のサークルレンズ



コンタクトレンズは、一般的に海外製の製品が販売されています。
大手レンズメーカーにおいても、アメリカやアイルランドで製造された製品を取り扱っています。

もちろん安全面では、厚生労働省からの承認許可や独自の厳しい安全基準を設けていますが、やはり消費者からは日本で作られた国産レンズを求める声が大きいことから、近年は国産のコンタクトレンズの製造・販売が各メーカーで進められています。
国内初!安全で可愛い国産のサークルレンズ

メニコンから国産初のサークルレンズが誕生!

カラコンよりも酸素透過性が高く、瞳を自然に大きく見せることが出来ることでも人気の「サークルレンズ」で、大手レンズメーカーのメニコンから、国内で初めてとなる国産サークルレンズが販売されました。

2014年の7月から販売されている『2weekメニコンRei』は、超繊細フラワードットデザインを採用しています。レンズの周囲を滑らかに縁取りし、女性らしい花モチーフの模様が瞳に自然なボリュームを与えることから、小さな瞳でコンプレックスを抱えている女性にオススメのデザインとなっています。

Reiは、滋賀県郡上市にある国内の自社工場にて研究、開発、生産までを実現させ、高い品質と信頼のおける製品として販売されました。女優の有村架純さんがCMで着用し、透明感のある可愛らしい瞳が発売と同時に話題を集めました。

2週間で交換タイプのレンズのため、毎日コンタクトを使用する方にとっては、コストと清潔さを保つうえでバランスが良いレンズとなっています。


コンタクトレンズが国産であることのメリット

若い世代の女性達を中心に人気が高いカラコンは、粗悪な商品が出回っているという事から、トラブルが起きるたびに消費者達に大きな不安と影響を与えてきました。

ナチュラルなメイクがトレンドとなり、現在はカラコンにも自然派のデザインに人気が集まり、安全で自然に瞳を美しく見せる事が出来るサークルレンズが注目されています。

これまでのように、海外製のコンタクトレンズを販売する時は、開発、製造までの安全性を徹底化させるには限界がありましたので、国内で開発、製造、販売までをトータルで手掛けることにより、安全基準や品質管理を日本人目線で徹底することが出来ます。

メイドインジャパンという言葉があるように、日本で作られた製品は世界的にもレベルが高く、高品質に仕上げられることでも有名です。国産のコンタクトレンズが広がる事により、安全にコンタクトを使用できるという事が最大のメリットです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.