> >

目の乾燥や不快感を解消!シリコーンハイドロゲルコンタクトレンズ



目の乾燥や不快感を解消!シリコーンハイドロゲルコンタクトレンズ

シリコーンハイドロゲルコンタクトレンズとは?

付け心地の良さから、コンタクトレンズの使用が初めての方にも使いやすいソフトコンタクトレンズですが、ハードコンタクトと比べて「酸素供給率」が低いという点が大きなデメリットです。

酸素供給率が低いコンタクトレンズは、瞳が酸素不足に陥り、感染症などの眼病の原因となります。そこで、近頃“次世代型レンズ”として登場したのが「シリコーンハイドロゲルコンタクトレンズ」です。

従来のソフトコンタクトレンズは、ハイドロゲル素材を使用し、レンズの酸素透過性は含水される水の成分に頼っていました。

しかし、酸素透過率が高いシリコーン素材を組み合わせたシリコーンハイドロゲルコンタクトレンズの誕生によって、従来型と比べて約数倍~数十倍もの酸素透過率を保つことが出来るようになり、現在瞳に優しいレンズとして世界中で注目されています。


瞳に優しいシリコーンハイドロゲル素材のメリット

酸素供給率が高いシリコーンハイドロゲルのコンタクトレンズのメリットは、酸素不足による感染症や角膜血管新生、角膜内皮細胞障害といった眼病を予防できることです。

また、コンタクトの使用で目の乾きを訴える方も多いのですが、ハイドロ素材のソフトコンタクトレンズの場合、酸素供給率を高めるために含水率を上げ、乾燥感が強い事が問題でした。

しかし、シリコーンハイドロゲル素材では、低含水でありながらも酸素透過性の高いレンズに仕上がっていますので、目の乾燥を防いで快適な付け心地であることが魅力的です。

充血、かすみ、かゆみ等の疲れ目の症状も軽減できますので、コンタクトレンズの長時間使用が難しかった方にもおすすめのレンズと言えます。


気を付けなければいけないシリコーンハイドロゲル素材の取り扱い方

シリコーンハイドロゲルのデメリットとして、脂質の汚れが付着しやすいため、つけおきだけでは汚れを落とすことが出来ません。必ず、こすり洗いをして脂質の汚れを落とすようにしましょう。

また、ソフトコンタクトのレンズケアで人気のマルチパーパスソリューション(MPS)は、1本で洗浄・すすぎ・保存の役割が出来ることから非常に便利な商品ですが、残念ながらシリコーンハイドロゲルとは相性が悪いため、レンズケアの使用には使わないようにしましょう。

それから、まれにシリコーン自体にアレルギー反応を引き起こす方がいますので、装着後に目のかゆみ等の症状が現れた方は使用を中止しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.