> >

目に傷が出来てしまう「レンズの汚れ」の種類



コンタクトレンズを使用することで、目に傷が出来てしまう原因となっているのが“レンズの汚れ”です。正しく使用しているつもりでもレンズに汚れが付いていれば、眼病の元となりますので、コンタクトレンズに付きやすい汚れについてまとめてみました。


どんなにキレイにしていても付着する目の分泌分による汚れ

どんなにコンタクトレンズの取り扱い方に気を付けていても、まぶたのフチにある皮脂線の一つであるマイボーム線や涙腺、角膜からの分泌物であるタンパク質や脂質が、コンタクトレンズの汚れとして付着します。

特にアレルギー体質の方やドライアイの傾向が強い方は分泌物の量が多いため、丁寧なレンズケアが必要になります。

また、花粉の多い時期やエアコンが効いた室内で過ごすことが多い場合、分泌物が増えます。季節や環境によっても汚れがつきやすい状況の方がいるため、該当する方はコンタクトレンズを使用した後は、しっかりとレンズケアを行うようにしましょう。


女性に多いレンズの汚れは化粧品が原因

近年、コンタクトレンズの汚れの主な原因となっているのが「化粧品」による汚れです。
お化粧をしてから最後にコンタクトレンズを着用する女性が多いのですが、ラメやパウダー状の細かい粒子が気付かないうちにレンズに付着してしまう事があり、目の痛みや違和感、かすみ目といった症状が出てきます。

また、ファンデーションやハンドクリームのような油分を含んだ成分がレンズに付着すれば、曇って視界が悪くなります。

メイクアイテムでは、“落ちにくい、崩れにくい”といった商品は長時間メイクをキープできるため人気がありますが、こうした商品はレンズに付着しても落ちにくいため、きちんとレンズケアを行っているつもりでも汚れたままとなっている事があります。


タバコの煙も汚れがつく!意外と知らない身近な汚れの原因

化粧品の他にも、コンタクトレンズは“外部からの汚れ”が原因となっていることが多く、「手垢」や「タバコの煙」、「ハウスダスト」等にも注意が必要です。

肉眼では見えにくい汚れでもレンズに付着すれば、痛みや違和感として大きな影響を与えます。そのため、コンタクトレンズを使用する際には、手洗いをして清潔な状態でレンズを装着するようにしましょう。

レンズのお手入れ方法は、ハード、ソフト、使い捨てでは取り扱い方が異なります。
使用しているレンズに合わせて、適正なレンズケアを行うようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.