> >

【初心者】コンタクトレンズを入れるコツや慣れるまでの期間



視力が悪くても、裸眼のような美しい瞳を保つことが出来るコンタクトレンズは非常に便利なアイテムです。しかし、初めてコンタクトレンズを使用する方は、眼科やコンタクトレンズの販売所で取り扱い方の説明を受けるようにしましょう。

コンタクトレンズは高度管理医療機器に該当する商品です。

取り扱い方を間違えてしまえば、瞳に悪影響を及ぼすこともありますので、自己流のやり方で間違った使い方をしないように気を付けましょう。
【初心者】コンタクトレンズを入れるコツや慣れるまでの期間

初めてだと意外と難しい!?コンタクトレンズを入れるコツ

初めてコンタクトレンズを使う方は、レンズの装着に手こずりがちです。

慣れていくうちにスムーズに装着できるようになりますが、デートの日にコンタクトを使いたい!など予定がある方は、早めにコンタクトレンズを購入して使い方に慣れておくようにしましょう。

コンタクトレンズをスムーズに装着するコツは、視線をまっすぐ遠くに見つめてから、やや上を向きながらレンズを入れることです。

装着に慣れていない方は、レンズを瞳に入れることが怖いため、ついつい伏し目がちになってしまうので上手く入れることが出来ません。

また、ソフトレンズの場合、裏表がありますのでレンズが裏返しになっていると装着が難しくなり、瞳に入れても痛みや違和感が生まれます。

レンズを指の腹の上に乗せて、おわん形にカーブがキレイに曲がっているかを確認して下さい。裏返しになっている場合には、カーブが外側に反って見えますので表に直してから装着するようにしましょう。


コンタクトレンズに慣れるまではどれくらい?

コンタクトレンズは、最初から長時間着用してしまうと目が痛くなったり、頭痛などの疲れ目の症状が出てきます。毎日少しずつ着用時間を伸ばしていき、瞳にレンズを馴染ませていくようにしましょう。

レンズの種類や個人差がありますが、1~2週間程度で瞳も使い方も慣れてきます。

ただし、外出の際にはメガネ、コンタクトケース、使い捨ての場合は替えのコンタクトレンズを持ち歩くようにし、いつでもレンズを外せるようにしておきましょう。

ホコリやチリが目に入ってしまったり、体調によってはコンタクトレンズの装着を続けることが難しいことがあります。違和感を覚えた際には、無理に使用を続けずにレンズを外して目を休ませるようにして下さい。(コンタクトレンズを外しても痛みが続く場合には眼科を受診して下さい)

また、1日の装着目安時間や睡眠時にはコンタクトレンズを外すなど、基本的な注意事項は必ず守るようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.