> >

眼医者さんの処方箋は必要?コンタクトレンズの買い方



眼医者さんの処方箋は必要?コンタクトレンズの買い方

店舗でコンタクトレンズを購入する場合

コンタクトレンズを購入するためには、「処方箋」が必要になります。(法律ではかならず処方箋が必要というわけではありません。)
そのため、眼科で検診をしてもらい処方箋を出してもらうようにしましょう。

処方箋では、一人一人に合わせた細かなレンズデータを出します。
そのデータに合わせながら自分の瞳に適切なレンズを購入します。

コンタクトレンズを取り扱っている専門店の並びに眼科が併設されていることもありますが、どの眼科でも処方箋を出すことは可能です。

処方箋をコンタクトレンズショップに持参すれば、お店のスタッフがデータに適した商品の中から、複数のコンタクトレンズをピックアップしてくれます。

どのレンズを購入すれば良いかわからない方は、お店で人気の商品やスタッフがオススメしてくれる商品から試してみましょう。併設された眼科なら、レンズの装着を試すことも可能です。


通販でコンタクトレンズを購入する場合

通販サイトでコンタクトレンズを購入する場合は、お店に処方箋を提出することはありません。しかし、購入にはレンズデータが必要になるため、わからない方は必ず眼科で検査を受けるようにして下さい。

何度もレンズを購入している方なら、普段使用しているレンズデータをもとに数値を入力すれば、いつでも気軽にコンタクトレンズを購入することが出来ます。

ただし、コンタクトは目に直接レンズを装着するため、「定期的な検査」は重要です。
自覚症状がなくても瞳が傷ついていたり、ドライアイになっていたりすることがあります。
進行すれば眼病の原因となりますので、瞳の健康状態をチェックするためにもコンタクトを購入するタイミングで眼科に行くようにしましょう。


こんな時はコンタクトを変える時!

・目のかゆみ・痛みがある
・目のごろつき・違和感がある
・目が乾きやすくなった
・レンズを装着しても見えにくい
・レンズが変形・破損した

レンズを装着して違和感が出た時はコンタクトレンズを変えましょう。

長期的にレンズを着用することで、お手入れをしていても汚れがついたり耐久性が落ちて劣化してきます。

ソフトの場合は1年、ハードの場合は3年を目安に新しいレンズに取り換えるようにしましょう。

また、適切なデータをもとに新しいコンタクトレンズに変えた場合でも、装着してから目のかゆみ、乾き、見えにくい等の不快な症状が現れた場合には、レンズとの相性が悪いケースや瞳自体に傷が出来ているケースがありますので注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.