> >

どう違う?コンタクトレンズのソフトとハードの特徴



視力矯正用のコンタクトレンズには、“ソフトとハードタイプのレンズ”があります。
この2つには、一体どのような違いがあるのでしょうか?

2つのレンズの違いについてまとめてみましたので、コンタクト選びの参考にしてみて下さい。

コンタクトレンズのソフトとハードの違い

コンタクトレンズのソフトとハードタイプは、呼び名でもわかるように“レンズの硬さ”が大きく違います。

柔らかいソフトレンズは、「含水性素材」を使っており、着け心地が良くコンタクトレンズ初心者の方にも無理なく装着することが出来ます。

瞳にフィットするのでレンズがズレにくく、ホコリ等が付きにくいというメリットを持っています。

一方、ハードレンズは「特殊プラスチック素材」を使用しており、ソフトよりもレンズが硬いため、着け心地に慣れるまで1~2週間必要とされています。

しかし、ソフトよりも“酸素透過率”が高いため、瞳が乾きにくく長時間着用には向いているレンズです。


どちらを選べば良い?自分に合うレンズの探し方

ソフトとハードには、それぞれのメリットとデメリットがあるため、自分の瞳に合うものや使いやすさで選ぶようにしましょう。

まず、ソフトタイプは、激しい運動や野外で活動されることが多い方に向いています。

1週間、2ウィーク、1カ月など、使い捨てタイプのレンズが豊富なため、視力が少し悪く、車の運転やお出かけの際にコンタクトを使用したいという方にもおすすめです。

また、コンタクトレンズを初めて使う方は、レンズの取り扱い方に慣れるまでソフトタイプの方が良いでしょう。

ハードタイプが向いている方は、強度の近視・遠視・乱視の方など、毎日コンタクトを着用しなければならない方におすすめです。

ソフトレンズの耐久性が長期タイプで約1年なのに対し、ハードレンズの耐久性は約3年です。

また、レンズに裏表がないことや、すすぎに水道水を使用しても良いためお手入れが簡単で、着け心地に慣れればコストと手間がかかりません。


ソフトレンズが向いている方

・激しいスポーツをする
・ホコリっぽい野外で活動することが多い
・初めてコンタクトレンズを使用する
・面倒なお手入れをしたくない(※1日使い捨てレンズのみお手入れが不要です)


ハードレンズが向いている方

・強度の矯正が必要
・取り扱いの手間を楽にしたい
・ソフトでは目が乾きやすい
・レンズのコストを抑えたい
・毎日長時間コンタクトを着用する

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.