> >

忘れず受けよう目の定期健診



三ヶ月に一度は定期健診に来て下さいと案内される事が多いですが、現実には三ヶ月に一度の定期健診に行っている人は、非常に一部の人しかいないようです。
忘れず受けよう目の定期健診
定期健診とは、一般的な病院への受診と違い、症状が何もない状態ですので、足が遠のいてしまいがちかもしれません。

しかし、症状が無いうちに受診する事が重要なのです。
定期健診に行って、何も問題がなければ安心してコンタクトレンズを使用する事が出来ます。

面倒であっても、医師の指示どおりに定期健診を受けましょう。

度数の確認は案外大事

購入してから、日が経ってしまうと、視力の低下などによりコンタクトレンズの度数が合わなくなっていることがあります。

眼精疲労や、片頭痛などを引き起こすきっかけにもなります。

コンタクトレンズの度数が合わなくなった事に気づくのは、普段の生活では難しい事もあります。

特に、毎日使用している場合は、見え方に慣れている為に、例え視力が少し落ちていても分からない事が多いのです。

定期健診を受けることにより、視力もきちんと調べてもらえます。

又、自分の視力を知っておく事で、視力が落ちてしまった時に、何が原因なのか、対策は何が大事なのかを意識する事ができます。

悪い習慣に心当たりがあった時に、早めに対処することは、将来の自分の目の為に、とても大事なことです。


小さな傷だと気付かない

乾燥や小さなゴミが入ったなどの理由で、眼球に小さな傷がついてしまう事が多々あります。

しかし、小さな傷程度ですと、自覚症状がでない場合が多いのです。ちょっと目がゴロゴロするな程度に思う人もいるかもしれません。

しかし、目のゴロゴロが一時的であったり、花粉の時期と被ってしまうと、中々病院へ受診するきっかけにはなりません。

症状が出ないから、症状が気にならないからと言って、病院へ行かずにいると、後々コンタクトレンズを使用出来ない自体になることもあるのです。

小さな傷を早めに見つけることで、大きな治療をせずに済みます。

目薬を刺し、少しコンタクトレンズの装着を休養すれば、回復する事が多いのです。
何度も通院する必要もありません。

皮膚に出来た傷と違い、眼球の傷は自分では確認出来ません。

大丈夫だろうと自分できめつけずに、きちんと定期健診に行き、早めに発見してもらいましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.