> >

眼病にもにも繋がる レンズの汚れには要注意



1DAYタイプを除く全てのコンタクトレンズは毎日のケアが必要です。
最近では、一晩付けておくだけで、汚れが取れるケア製品が手軽で人気です。

コンタクトレンズを使用していると、レンズに汚れががついてしまいます。

汚れは目には見えませんので、そのまま放置して使用していると、眼病の原因にもなってしまうのです。

コンタクトレンズを使用する上で、汚れをきちんと落とす事は最も重要です。大切な目を、眼病から守りましょう。


清潔を心掛けましょう

コンタクトレンズを付けたり、外したりするときには、必ず手を洗ってからにしてください。

手に雑菌や、油汚れが付いたまま行う事により、眼病を引き起こしてしまいます。

コンタクトレンズ自体のケアを一生懸命行っても、手に付いた汚れがをレンズに付けてしまっては、意味がなくなってしまいます。

又、コンタクトレンズのケースも使用後にはよく洗い、乾かしてから使用する用にしてください。

ケースは定期的に新しいものと交換しましょう。気づかぬうちに、雑菌が繁殖していたり、カビが生えていることがあります。

どんなに綺麗に見えても、交換する必要があります。忘れずに行いましょう。


ケア製品を選びましょう

コンタクトレンズには、たんぱく質汚れがついてしまうものです。
ケア製品はたんぱく質除去出来るものを選ぶようにしてください。

一本でケアできるものも、手軽で魅力的ですが、毎日きちんとケアしていても、すっきりしない場合には、汚れが取れていない可能性もあります。

そんな時には、保存液も兼ねているタイプの洗浄液の他に、たんぱく質除去専用の洗浄液を購入し、試して見ると綺麗に汚れが落ちるでしょう。

毎日行う必要はありませんので、普段は、一本でケアしながら気になる時に使用する程度で問題ありません。

又、レンズを長期間使っていると、どんなにケアをしても汚れが落ち切らなくなってしまいます。

そのような場合には、コンタクトレンズ自体の買い替えが必要になります。


定期健診は必ず受けましょう

コンタクトレンズを購入する時に、定期検診を受けるように指示されます。
通常は3ヶ月に一度くらいが多いようです。

定期健診に行くことで、万が一レンズや目に異常があっても、早めに発見する事が出来ます。

特に症状などが出ていなくても、受診することが大切です。

コンタクトレンズをきちんとケアし、眼病を予防しながら定期健診を受けるのが最も目の健康には最適といえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.