> >

スポーツする時はソフトコンタクトレンズが向いている



コンタクトレンズを装着したままスポーツすると、外れてしまったり、ずれてしまったりしそうなイメージがありますね。

スポーツをする為にレンズを外すのは面倒ですし、何より裸眼や眼鏡ですと、気軽に楽しむことが出来ません。

しかし、少々の注意をすれば、スポーツをする時でも、レンズを装着したままで問題ありません。

安心して、視界良好なまま楽しむことが出来ます。


ソフトコンタクトレンズがいい

コンタクトレンズには、幾つかの種類があります。スポーツをする時にオススメなのは、ソフトコンタクトレンズになります。

ハードコンタクトレンズよりも、レンズがずれてしまう可能性が低い事が理由です。

又、ハードコンタクトレンズを装着時に目にゴミが入ってしまうと、痛みが酷いので、レンズを一度外してから洗い流す必要があります。

ソフトコンタクトレンズですと、少々のゴミが入ってしまっても、裸眼の時と同じくらいの違和感ですので、そこまで気にする事はありません。

スポーツの最中に目にゴミが入るたびに中断して、レンズを洗うの非常に煩わしい事ですので、ソフトコンタクトレンズが、一番適していると言えるでしょう。

又、激しく動いてもずれたりする心配もありません。


スイミングでも大丈夫

スイミングをする時には、コンタクトレンズを流してしまわないか、とても心配になります。しかし、眼鏡をしたまま上からゴーグルを掛けることは、ほぼ不可能です。

スイミングをする時には、顔にぴったりに調整してあるゴーグルを使うことで、レンズの紛失を防ぐことができます。

スイミングにいく前には、お風呂に水などはり、ゴーグルの隙間から水が入らないか、必ず確認しましょう。

レンズのタイプは、ソフトコンタクトレンズが適しています。

それでも、心配な場合には、1DAYタイプのコンタクトレンズを使用すると良いでしょう。
万が一、流されてしまったということを考えて、1DAYタイプのレンズを用意しておくと、更に安心です。

紛失してしまっても慌ててコンタクトレンズを購入する必要がなくなります。


汗をかいたら拭くのが大事

コンタクトレンズを装着したま、スポーツをする時には、汗をこまめに拭きましょう。
裸眼でも目に汗が入ると、ヒリヒリした痛みを感じます。レンズを装着している場合には、ヒリヒリするのと共に異物感を感じやすい状態ですので、可能な限り汗が目に入らない状態にすることがポイントです。

レンズがずれにくくなるといった効果もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.