> >

コンタクトレンズの上からでも使える目薬



コンタクトレンズを使用する人の多くが、目の渇きや異物感、そして充血に悩んでいます。そこで役立つのが、コンタクトレンズの上からでも使える目薬です。しかし、誤った使い方をしてしまうと目になんらかの障害が起きる可能性もあるので、使う際は必ずパッケージに書かれた注意書きを守るようにしましょう。
コンタクトレンズの上からでも使える目薬

充血をとる目薬

白目の部分が真っ赤になる「充血」。見た目がよくないので、こうした目薬は若い女性を中心によく売れています。

すっきりと白い目に戻してくれるのは「血管収縮剤」という成分で、塩酸ナファゾリン、塩酸テトラヒドロゾリンなどという名前でパッケージに表示されています。確かに効果はあるのですが、単に充血をとってくれるだけで、目が充血したもともとの原因にはアプローチしていないので、しばらくたつとまた充血が始まります。

どうしても充血をとりたいときにあくまでも応急処置として使い、早めに目医者さんで診察を受けたほうが良いでしょう。


メントールの刺激が得られる目薬

目が疲れているときは、スーッとした刺激のあるメントールの入った目薬をさすと気持ちの良いものです。

きちんと安全性を確認した上で販売されているものなら、基本的に眼球に障害が出ることはありませんが、気持ちよさのあまり使用回数を増やしすぎてしまうと、防腐剤が角膜を刺激して傷になってしまうことがあるので注意が必要です。

取り扱い説明書に書かれている使用回数を必ず守るようにしましょう。


ソフトレンズに使用できない目薬

目薬の中には、ソフトコンタクトレンズには使えないものもあります。

なぜなら、目薬に含まれる成分がレンズの表面に付着し、汚れとなって固まってしまったり、レンズが変形したりする可能性があるからです。

使う前に必ずパッケージの表示を確認し「ソフトコンタクトレンズにも使用可」となっているものを選ぶようにしましょう。

また、たいていの目薬が使えるハードレンズでも、酸素透過性の高いものはなんらかの悪影響が出る場合もあるので注意が必要です。


正しい目薬のさし方

目薬をさすときは、先端がまつ毛やまぶたなどに付かないようにしましょう。容器に涙や細菌が付着し、目薬が汚染される原因になります。

また、目薬をさした後で目をパチパチする人が多いのですが、これをやってしまうと目薬が涙と一緒に目頭のほうに集まり、涙点を通ってのどのほうに流れていってしまいます。
目薬をさした後は、そのまましばらくじーっとしているのが正しいやり方です。


まとめ

薬局で手軽に買える目薬は、今すぐに目の不快感をなんとかしたいときには非常に便利です。

角膜がうるおいで満たされ、まるで生き返ったかのような安心感が得られます。

しかし、一時的に症状をやわらげただけであり、目にトラブルが起きている原因そのものを治すわけではないので、目薬でごまかしながら放置してしまうと、目に重大な疾患が起きてしまう可能性があります。

また、市販の目薬には防腐剤を使用したものが多いので、できれば眼科で診察を受け、余分なものの入っていない目薬を処方してもらったほうが安心です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.