> >

MPSを使用したソフトレンズのケア方法



ワンデータイプの使い捨てレンズ、もしくは連続装用タイプのレンズ以外のものを使用する場合には、必ず毎日レンズを洗う必要があります。

今回はソフトレンズの毎日のケアの方法を順を追ってご紹介することにしましょう。

これから解説する方法は、最も人気の高い1液タイプのマルチパーパスソリューション(MPSとも呼ばれる、洗浄や保存などが1本でできるもの。以下、簡単に「洗浄液」と記載します)を使用した例です。

ソフトコンタクトレンズであれば、従来のハイドロゲルタイプのもの、新素材のシリコーンハイドロゲルのもの、そしてカラーコンタクトレンズでも基本的には同じ手順となります。

なお、独自の使用法がある洗浄液を使用する場合には、それぞれの説明書に記載されている手順に沿って洗浄して下さい。


ソフトコンタクトレンズ洗浄の手順

1. まずは石鹸でよく手を洗います。洗浄するときだけではなく、レンズを触るときには必ず手を洗うように習慣づけましょう。

2. レンズを片方の目から取り外し、洗浄液でざっとすすぎます。

3. 手のひらの真ん中にレンズを置き、その上から洗浄液を数滴垂らします。

4. 反対側の手の人差し指の腹でレンズを軽く押さえ、そのまま手のひらでこすりあわせます。決まった一定方向に、表面、裏面の両方を20秒程度こすり洗いして下さい。多方向にこすったり、くるくる円を描くようにこするとレンズが破れやすいので注意しましょう。

5. レンズの表・裏を洗浄液でしっかり洗い流します。

6. レンズケースに洗浄液を満たします。

7. レンズを洗浄液の中に入れましょう。完全に液の中にレンズ全体が浸かるように入れて下さい。

8. レンズを両目に装着している場合には、もう片方も同じ手順でレンズを洗浄します。

9. レンズケースのフタをしっかり閉め、決められた時間(通常は4時間)以上浸け置きします。



※レンズ洗浄の際の注意点

レンズ洗浄の最大のポイントはこすり洗いです。なんとなく浸け置きで汚れを落とすようにイメージしてしまいますが、洗浄液に浸しておくだけでは汚れを落とすことはできません。必ず十分な時間をかけてこすり洗いするようにして下さい。


ソフトコンタクトレンズを装着する際の手順

1. 石鹸で手を綺麗に洗い、ケースからレンズを取り出します。

2. 洗浄液で十分にすすいでからレンズを目に装着します。

3. レンズを浸けていた洗浄液は必ず捨て、ケースはよく水洗いした上で自然乾燥させます。(水洗いした後ティッシュなどで水分を拭き取ってから自然乾燥させるよう指導される場合もあります。)


レンズケースもしっかり洗って

レンズケースを使い続けている間に細かい傷がつき、そこに雑菌が繁殖する可能性がありますので、レンズケースの水洗いはとても重要です。

洗浄液を1本使い切ったときを目安に、必ずレンズケースも取り替えるようにして下さい。

多くの洗浄液にはオマケでレンズケースがついて来ますし、100円ショップなどでも手に入ります。惜しみなく取り替えましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.