> >

ソフトコンタクト用洗浄液マルチパーパスソリューション(MPS)



コンタクトレンズの洗浄液・保存液にはハードレンズ用とソフトレンズ用とがあります。
今回はソフトレンズ用の洗浄・保存液の中から、マルチパーパスソリューション(MPS)と呼ばれる製品についてご紹介します。

手軽で安価な製品が揃っているため、人気の高いMPSですが、レンズの素材によっては製品との相性があるため、どれを使っても良いというわけではありません。

また、自分のレンズに合う洗浄液・保存液を選ばないと、レンズが使えなくなるだけではなく、目にも重大な悪影響を及ぼすおそれがありますので、購入する際にはよく確認してから選ぶようにしてください。

なお、2weekや1ヶ月交換タイプのカラコンに関しては、現状ではどのMPSでも相性を気にすることなく使用することができます。


マルチパーパスソリューション(MPS)ってどんなもの?

MPSとは1本で洗浄や保存、すすぎといった様々なケアができる便利な製品です。

洗浄液にはMPSの他にも過酸化水素系やヨウ素系の製品がありますが、中和剤が必要で、ケアに若干の手間がかかります。

MPSも毎日のこすり洗いが必須ではあるものの、手軽さではMPSの方に軍配が上がるでしょう。

MPSには塩酸ポリヘキサニド(PHMB)系とポリクアド系の2種類があります。

どちらも使用方法には変わりはありませんが、シリコーンハイドロゲルのソフトコンタクトレンズの洗浄・保存に塩酸ポリヘキサニド(PHMB)系のMPSを使用すると眼病を起こすおそれがあるため、慎重に選ぶようにしてください。


塩酸ポリヘキサニド(PHMB)系MPS

「コンプリート」「レニュー」「バイオクレンワン」「ロートCキューブ ソフトワン」などといった人気MPSの多くがこのタイプの製品になります。汚れ落ちを重視しているもの、保湿力を重視しているものなど特徴も様々なので、いろいろ使ってみて好みに合うものをお選びになるとよいでしょう。

ただし、先程も言ったようにシリコーンハイドロゲルのソフトコンタクトレンズとは相性が悪く、眼病を起こす確率が高くなるという報告があります。

シリコーンハイドロゲルレンズのユーザーは次のポリクアド系のMPSをお選びになることをおすすめします。


ポリクアド系MPS

シリコーンハイドロゲル素材のレンズのほか、どの素材のソフトコンタクトレンズにも対応しているMPSです。よく知られている製品に「オプティフリー」と「オプティフリープラス」があります。

オプティフリーとオプティフリープラスは他のMPSと比べると泡立ちがほとんどないため、いかにも洗えているという実感が湧きにくい製品です。

特にオプティフリーの方は界面活性剤が使用されていないことから目にやさしい分、洗浄力は弱いとされているので、こすり洗いはしっかりと行ってください。

オプティフリープラスの方はテトロニックが配合されているので、比べ洗浄力が高く、うるおいも長く続きます。

コスト面ではオプティフリーの方がすぐれていますが、使い勝手を考えればプラスの方がおすすめと言えるのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.