> >

医療器具であるコンタクトレンズ。眼科医のアドバイスは重要



コンタクトレンズは視界が広いですしとっても快適。
眼鏡とは違い、重さもありませんし、慣れてくると自分の目が視力を取り戻したように、美しく見え、装着の違和感も少なくなってきます。
医療器具であるコンタクトレンズ。眼科医のアドバイスは重要

眼科医のアドバイスを受けましょう

コンタクトレンズは初めての人はどうやって選んで良いのか?わからないと思いますが、まずは眼科医に相談して自分に合うものをしっかりと選びましょう。

一方、以前から使用し、コンタクトレンズの扱い方について十分な人もいますが、慣れてくるとなんとなく自己流に使用する人もいるでしょう。

いつも間にか自己流で使用しているのに気付かなかったり、装着時間を守ることや普段のお手入れなどもなんとなく雑になってしまうこともあります。

ですので、必ず定期検診を受けてください。

また、オシャレ用のカラコンなど、コンタクトレンズは生活や用途により使用目的が変わることがあります。

すでにコンタクトに慣れている人も、新たにコンタクトレンズを求める際には眼科医に使う用途や生活習慣を伝え、自分にぴったりのコンタクトレンズを使いましょう。

装着の仕方なども、眼科医で丁寧に教えてもらえるので、不安などがあったり、痛みがあったりしたら遠慮なく伝えて対策を知りまししょう。

今はネット通販でコンタクトレンズやカラコンを気軽に買うこともできますが、医療機器だということを再確認して視力や目のカーブなど人によって違うので必ず医師に相談しましょう。

医師に見てもらわずにネットで処方箋なしでカラコンを使い、目を痛めてしまったり、視力が弱くなったりしたらつらいですからね。

正しく使わないとリスクがあることを理解してください。

長く使っている人も、目の状態は常に変化しますし、レンズの様子も変わってきます。
調子が良いと感じてても、定期検診を習慣にしていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.