> >

1day、2WEEK、1か月タイプ、どの使い捨てコンタクトを選ぶ?



ソフトコンタクトレンズを購入するときに迷うのが定期交換型のタイプだと思います。

1day、2WEEK、1か月タイプのものが主流ですが、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。
1day、2WEEK、1か月タイプ、どの使い捨てコンタクトを選ぶ?

初心者&アレルギー体質の方は「1day」

ソフトコンタクトレンズ初心者なら1dayがお勧めです。

眼科や購入店でも、このタイプを勧められます。

1日ごとにコンタクトレンズを使い捨てしますので、衛生的かつ便利です。

日々進化をとげるコンタクトレンズの機能も、ほとんどはこの1dayタイプに集約されるため、販売する側も安全面を考慮して、まずは1dayの購入を促すようにしています。

特に目の乾燥が気になる方や、花粉症などのアレルギー体質の方には1dayタイプの方が負担が少ないです。

もちろん眼科医との相談は必要ですが、リスクをおさえるものとして選択するのもいいでしょう。

1dayタイプは洗浄液などのケア用品が不要です。

コンタクトレンズを洗浄する時間も手間もいりませんし、わざわざケア用品を買い足すこともこともありませんので、忙しい人や面倒くさがりな人には最適な商品と言えるでしょう。

そんな1dayにもデメリットはあります。

1dayコンタクトのデメリット

はずした後は廃棄できるため、どこでもはずせるだけに、ついつい不衛生な手のままはずしてしまう人もいます。

きちんと石鹸で手を洗い、清潔な指先ではずすことが大切です。

目を傷つけないため、眼病予防のためにも、手洗いをして、鏡で確認しながらはずす癖をつけるようにしましょう。

1dayはコストが高いのも欠点です。

たとえば、メガネと併用し、2~3時間の外出時だけコンタクトレンズを装着したいと考えている人には不向きかもしれません。

一度目に入れたコンタクトレンズは、はずしたら再利用はできないのです。
1日たった2~3時間のために開封するのは、もったいないかもしれませんね。


2WEEK、1か月タイプのコンタクトレンズ

2WEEK、1か月タイプのコンタクトレンズは開封してから、決められた期限まで使えるものです。

洗浄すれば繰り返し使用できるため、小時間だけ使用したい人にはこちらの方がお勧めかもしれません。

コンタクトレンズ単品の価格が安いのが魅力です。

ケア用品も必要になりますが、セールやまとめ買いにて安く購入すれば、それほど費用がかさむこともないでしょう。

2WEEK、1か月タイプのデメリット

デメリットは衛生面とケアの手間です。

洗浄がきちんとできず、コンタクトレンズに汚れが付着したままだと眼病の原因になります。

こすり洗い不要のケア用品もありますので、そういった商品を利用するのもいいでしょう。

また、よく誤解されがちなのが使用期限は使用した日数ではなく、開封してからの日数です。

2WEEKを使用した日がたった1日でも、開封後2週間たったら廃棄しなくてはいけないのです。

自分の生活スタイルとコスパを考慮してから、購入を決めましょう。

1dayタイプがやや優勢ですが、学生さんなどで購入費用はおさえたい、毎日学校に装着していきたいという場合にはやはりコストの低い2WEEK、1か月がお勧めです。

清潔な手ではずし、洗浄するという習慣が身につけば、どんなコンタクトレンズを使用しても安心です。



コンタクトレンズを使用する目的や装着時間を考慮しつつ、まずは眼科にて相談してみてください。

自分にピッタリのコンタクトレンズが見つかるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.