> >

処方箋不要コンタクトがネットで買えなくなる?



コンタクトユーザーにとって、最早欠かすことができない処方箋不要のネット通販。
今、このネット通販が存続の危機に立たされています。
処方箋不要コンタクトがネットで買えなくなる?


コンタクトが処方箋不要で購入できてもいいの?

コンタクトのネット販売が主流になる前は、眼科で診察してもらって、その眼科併設のコンタクト販売店が取扱っているコンタクトを購入することが普通でした。

処方箋不要のネット販売店が増えて、「なんで処方箋不要で買えるの?」と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

「コンタクト購入=処方箋が義務」という印象がありますが、実はそもそも義務化されてはいません。

コンタクト利用者の安全を優先した医療機関と販売店が、自主的に処方箋の提出を規定しているだけなのです。

ですので、ネットで処方箋不要でコンタクトを購入することを後ろめたく思う必要はないのです。


どうして眼科は処方箋不要を推奨しないの?

高度管理医療機器でもあるコンタクトを、医師の診断を仰がないで利用することはとても危険と考える眼科医は多いです。

眼科医の元には、コンタクトが原因の瞳の症状を訴える患者さんが毎日毎日訪れます。

そのコンタクトトラブルの多くが、コンタクトの間違った利用や、間違った選び方によるものなので、医師がネット通販でコンタクトを購入することに警鐘を鳴らすことは当然のことでもあるのです。


処方箋だけ欲しいのに発行してもらえないのはなぜ?

眼科によっては、併設のコンタクトショップでの購入じゃないと、処方箋を発行しないところもあります。ネットでコンタクトを購入することに難色を示す眼科医もいます。

その理由は、コンタクト利用者の瞳の安全を考えて…でもあるのですが、医療機関側の経営にも関係しています。

コンタクトレンズを初めて使用したとき、医療機関でどのような検査をしたか覚えていますか?とても時間がかったのではないでしょうか。

コンタクトレンズを処方するとき、眼科ではわたしたち利用者が想像している以上に細かく定められた規定を実施する必要があります。その分費用もかかります。

もちろん、その費用は診療報酬で返ってくるものなのですが、処方箋の発行だけでは割りに合わない!というのが本音のところ。

実際に、コンタクトを処方するための人件費や検査費用、そして沢山のコンタクトを一定量仕入れておくためには、莫大な費用がかかることでしょう。

維持するのが大変というのは事実でもあるのです。


コンタクト利用者が正しく使う必要がある

医療機関の事情はわかるけど、利用者としては少しでも安くコンタクトを購入したい、これが本心で、ネット通販店は本当にありがたい存在です。

そのネット通販は、わたしたち利用者の適正なコンタクト利用によって成り立っているのですが、コンタクトによるトラブルが後を絶たないことで、厚生労働省は、各都道府県、日本眼科学会、日本眼科医会、日本眼感染症学会、日本コンタクトレンズ学会に文書で通達を出しています。

これはいわば、警告とも言えるものです。

一部のコンタクトユーザーによる安全を無視したコンタクト利用が原因で、コンタクトがネットで購入できなくなったら残念すぎますよね。

自分のためにも、安全を最優先したコンタクト利用を心がけましょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.