> >

本当は視力低下でカラコンを辞めたいのにやめられない理由



カラコンは処方箋不要の通販でGETし眼科には行ってません。視力が低下してきたときコンタクトを辞めようと決めたのですが化粧をするとカラコンをしていない自分に物足りなさを感じて結局、今でもやめられないままでいます。

メニコン1dayの使い捨てコンタクトレンズを処方箋なしで購入しているN.Cさん口コミ

カラコンをしていない時の自分に違和感

少しでも通販のカラコンショップの利用に不安のある方は病院に行って検査してもらって自分に合うコンタクトを知った上で処方箋をもらったほうがいいと思います。
やはり無知のまま使用していると自分の知らないうちに目が傷ついたりしますから。

後、自分の黒目より大きいカラコンを一度してしまうと、その顔に慣れてしまいカラコンをしていない時の自分に違和感を感じてしまいます。
私もその1人で簡単に言うと依存性みたいなものだと思います。

視力が低下してきたときコンタクトを辞めようと決めたのですが化粧をするとカラコンをしていない自分に物足りなさを感じて結局、今でもやめられないままでいます。
私の周りでは処方箋なしで通販サイトを利用している友人がいっぱいいますがやはり皆、私と一緒で視力低下や目に傷が入ったなどの症状をよく聞きます。

病院に行くのが面倒くさい、通販は簡単に買えるという理由で私みたいに処方箋をもらわず利用するのも一つの選択だと思います。
だけどそれなりの犠牲もつくかもしれないと言うことを頭の隅に置いてもらったらと思います。


目の色を変えることができる!迷わずネットを利用

22歳の時、おしゃれに目覚め雑誌に載っている広告を見てカラコンの存在を知りました。

装着のビフォー、アフターを見ると雰囲気がすごく変わっていて小さい頃から外国人顏に憧れていた私にとって簡単に目の色を変えることができる!そう思って迷わずネットを利用して購入しました。

実際に目の中にカラコンを入れるときかなり怖かったですが装着して化粧をすると鏡の前の自分がいままでの自分が嘘のように感じて変われた自分が嬉しくてますます、ダイエットやおしゃれに力が入るようになりました。

実際に小、中学生の頃の私を知っている同級生に会ったとき、私だと分からなかったと言ってくれたし、振られたことのあるバイト先の先輩に告白されたり、人生で初めて彼氏ができたりとにかく嬉しいことがたくさん起こりました。

私にとってカラコンは部屋に引きこもってばかりで人見知りだったのに外見だけじゃなくて中身までも変えてくれました。

私に自信をくれたカラコンはなくてはならない存在です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.