> >

海外に在住中ワンデイアキュビューディファインを通販で買ってる



海外に在住中で以前使用していたハードコンタクトレンズを紛失し、やむを得ず度がわかるワンデーを通販で購入したのが利用のきっかけです。眼科には帰国した際に診察してもらってます。前回は約10か月前です。

ワンデイアキュビューディファインを処方箋なしで購入しているC.Tさん体験談
ジョンソン・エンド・ジョンソンのワンデイアキュビューディファインを処方箋不要のコンタクト通販ショップで購入しているC.T(28歳女性)です。

海外在住中の私には処方箋なしのコンタクト通販はとても有難い

私も、実際にコンタクトレンズを通販サイトで注文することにためらいがありました。
それまではきちんと眼科の診療をうけ、視力検査等をしてからレンズを購入するという流れを忠実に守っていたからです。
そのほうが目の病気を発見できたり、自分のその時の度にあったレンズを手に入れることができますし。
しかし、長い海外生活のなかでハードコンタクトを紛失してしまい、日本にも数年帰れそうになかったため、思い切って通販サイトでコンタクトレンズを購入しました。
はじめは本当に自分の注文した度数であっているのか、カーブの度数はあっているのか、などなどの心配がありましたが、何の問題もなく使用できています。
それに、北米在住でしたが、注文してから1週間もたたないうちに手元に届いたと思います。
今は、眼の健康を考慮して外出しない日はメガネで過ごし、レンズを使用した日は目薬をさしており、特に眼の状態も悪くはありません。
ただ少なくとも数年に1度は眼科の診療を受けたほうがいいとは思いますが、自分でうまく眼の健康を考慮できる方ならば、通販でレンズを購入することはとても便利で気に入るのではないかと思います。


初めてコンタクトは2ウィークの使い捨て

高校生の時に初めて2ウィークの使い捨てコンタクトレンズを購入しました。その時の印象は今でも強く残っています。「世界って、こんなに鮮やかで色とりどりだったっけ・・・?」です。こんなに何もかもがはっきりくっきり綺麗に見えるなら、もっと早くに使い始めていれば良かったとも思いました。中学生頃から徐々に目がわるくなり、授業中だけメガネをかけるというスタイルでした。高校に入ると、それまでは授業中以外メガネがなくても不便を感じませんでしたが、目を細めないと人の顔が見えなくなり、目つきが悪くなってしまいました。コンタクトレンズの存在は知っていましたが、「目にレンズを入れるなんて怖い」とも思っていました。しかしおしゃれをしたい年頃の高校生ですから、ずっとメガネをかけるのも嫌でコンタクトレンズを購入することにしました。ソフトコンタクトレンズでしたので、痛みもなく、少し乾燥は気になりましたが、部活もしていたのでコンタクトレンズを試してよかったと思いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.