> >

激痛とともに右目に白い物体



だいぶ前のことですが、1週間、寝ている間も使いっぱなしでいい使い捨てのコンタクトレンズを使っていました。
激痛とともに右目に白い物体
朝起きたときに視界が鮮やかなのが魅力でとても重宝していました。

指示どおり7日目の夜には外していましたが、やはり目への負担が大きいのか、乾燥が激しくなり、目薬をさす回数がだんだん増えていきました。

それでもやはり、毎日洗わなくてよい、寝るときに外さなくてよい、目覚めたときからしっかり見えるのが便利でやめられず、仕事が忙しかったこともあり、とくに眼科へ行くこともせず使い続けました。

右目に違和感

が、ある日、右目に少し違和感をかじるようになったので、辛いと思うときは7日間使用せず、5日で外すなどで対応していました。

違和感だけでなく右目に少し痛みを感じるようになったので眼科に行ってみると、しばらくコンタクトの使用をやめるよう言われ、メガネのみで生活していたところ、痛みも乾燥もなくなりました。

激しい痛み

眼科の許可が下りたので、また同じコンタクトを使い始めましたが、1ヶ月もしないうちに前より激しい痛みを感じるようになりました。

右目に白い物体

鏡を見ると、右目に白い物体が出来ていて、瞬きをするだけでもズキッと痛みます。

翌日朝一で眼科へ行くつもりで、とりあえずすぐにコンタクトを外しました。

朝起きると、蛍光灯はもちろん、太陽などを見るともう、太い針を刺されたかのように激痛が走ります。

鏡を見ると白い膿みのようなものは前日より大きくなっていました。

正式な病名等は今では思い出せませんが、とにかく痛くて、屋内でもサングラスをしていないと電気の光が辛いくらいでした。

そのとき以来、右目の下に濃いクマとたるみが出来てしまい、実年齢よりだいぶ老けて、くたびれて見えるようになってしまいました。

今は1日使い捨てのコンタクトレンズを使っていて、少し乾燥する以外何も問題ありませんが、残業が発生したりした時は無理せず外して、長時間着用しないように気を付けています。

あのまま右目が見えなくなるのでは、と、恐い思いをしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.