> >

二歳の子供が両目のコンタクトを食べていました



我が家の二歳の息子が私のコンタクトで色々と珍事件をおこしてくれました。
二歳の子供が両目のコンタクトを食べていました

両目のコンタクトを食べていました

一番初めは口をモグモグさせていて何を食べてるのかを聞くと、美味しくないあめ玉と言ったので口の中を見てみると、両目のコンタクトが入っていて慌てて口の中から取り出しました。

いつも置いてある棚を見に行くと大きな椅子をずらして取った形跡がありました。

息子に怒ったが、だってあめ玉だもんと全く理解してくれませんでした。


コンタクトをシール帳に張ろうとしていました

次は、コンタクトがなくなりあちこち探したが見つからず、シール遊びをしていた息子を何気なしに見てみると、コンタクトを片手に持ちシール帳に張ろうとしていました。

何してるのと聞くと、キラキラシールを貼ってるのと言っていました。

またいつもの棚を見に行ってみると、前回と同じく椅子が置いてありました。

これはシールではなくママの目の中に入れる大事な物だよと説明したが、だってシールだもん返してと怒られてしまいました。


コンタクトを人形(メルちゃん)の目に

コンタクトを置く場所を変えてしばらく何事もなく安心していたら、またコンタクトがなくなり置いてあった場所を見に行くと、台所に置いてあった大きな蓋付きのゴミ箱が置いてあり慌てて息子を調べたが持っていなく、シール帳も調べたがなかったのでしばらく息子を観察していると、お姉ちゃんの部屋に行き椅子に座って机の上で何かをしだしたので側に行ってみると、メルちゃんの人形を触っていてよーく見てみると、コンタクトがメルちゃんの目にくっついていました。

その横には木工用ボンドの蓋が開いたまま置いてあり、これでメルちゃんに着けたのと聞くと、だってメルちゃんもママと同じ目なんだもんと言ってました。

メルちゃんはママと同じじゃないから貼ったらダメだよと怒ると、ママとメルちゃんは同じお友達なのと半分泣きそうな顔して言ってました。

息子が見ていない間に絶対わからない場所に隠してしばらくすると息子が何かを探していて、椅子をずらして棚を見たりゴミ箱をずらしてまた違う棚を見たりしていたので、コンタクトを探してるんだなぁと思い聞いてみると、メルちゃんの目をキラキラするから頂戴と言ってきたので、何が欲しいか聞くと、糊で付けるからキラキラ頂戴と何回も言ってきてその都度持ってないよと言い、疲れてきたのか探すのを辞めました。

それからは、置いてある場所がわからない為かコンタクトでイタズラする事はなくなりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.