> >

コンタクトレンズで困った事



コンタクトレンズで困った事、たくさんあります。ハードコンタクト使用者です。

コンタクトを装着し始めて間もないころ、四半世紀も前の話ですが、当時連続装着時間は8時間以内、というものでした。

目が酸素不足

うっかり取り外しを忘れて12時間ほど着けていたその翌日の朝。目が痛くて開けられない。どうしても開けられない。なので学校を休んで眼科へ診察に行きました。

大したことはなく、当時のコンタクトは酸素透過性とか全くないものだったので、目が酸素不足、ということだったのでした。

他にもあります。

コンタクトが目の裏側へ

もともとドライアイ気味なので、よくコンタクトがずれます。
しかも時間がない時、出かける時間が迫っているときによく目の裏側へ行きます。

予防のために、レンズに水をたくさんつけて装着しようとするのですが、急いでいるときに限ってよくずれます。

しかも、裏に回って目に張り付いた感じになります。
移動させようとしても、なかなか動いてくれないし、動いた!と思っても違うところにずれただけで、またそのずれた先を探すのに時間が…。

コンタクトの困ったところです。

コンタクトが外れる

さらに、ずれるだけではなく、外れることもあります。瞬きしただけでも外れる時があります。特に冬の乾燥した時期によくなります。

本を読んでるとき、パソコン画面を見て作業をしているとき、スマートフォンの画面を見ているとき、ぽろっと取れます。

ぽろっと取れるだけならまだましです。あっ落ちた!と思った時にその周辺を探せばたいてい見つかります。


電車でコンタクトが取れた時

取れる場所で困ったのは電車に乗ってるとき。

ちょっと目線を横にした時に瞬きをしただけで取れたことが数回あります。

場所が場所なだけに、見つからないと大変です。

落ちたと思ったときは、出来るだけ頭を動かさず、体を動かさず、落ちたところに検討をつけて探します。

たいてい服の上に落ちているのでほっとします。

が、電車のところで取れたら水も何もないので落ちたコンタクトどうしよう!です。

服の上に落ちたなら、もうそのまま無理やり目に戻します。

乾燥してますが、何とか入ってくれれば駅に着いたらトイレで入れ直します。

どうやっても入らない時は、レンズを手のひらにのせて軽く握り、落とさないよう気を付けてトイレへ駆け込みます。

割ってしまったこともあります。

小さいため、普段は軽く持って洗浄したりしますが、うっかり指先に力が入った時に、まさかのヒビが…ヒビというよりも割れていました。

目からずれるにしろ、外れてしまうにしろ、割ってしまった時もそうですけど、やってしまった感が半端ないです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.