> >

激しい動きの時やスキューバーはコンタクト



めがねではなくコンタクトを使う理由は、激しい運動時などメガネを気にせずに運動できるからです。
激しい動きの時やスキューバーはコンタクト

運動やスキューバーはコンタクト

とくにメガネの場合視界が限られてしまうこと、激しい動きをするとメガネがずれたり、運動に適していません。

私は趣味でスキューバダイビングをします。

度付きの水中用マスクが有りますが度などは大ざっぱで折角綺麗な海に入っても、それでは感動が半減してしまいます。

特に水中のエビやウミウシなど小さな生物を観察する時は、コンタクトレンズでなければ、なかなか発見するのも難しかったりします。


メガネはレンズが曇ってしまう

次にメガネではなくコンタクトを使用する理由は、メガネはレンズが曇ってしまうからです。

ラーメン屋で曇ったメガネで一生懸命食べる人はちょっと滑稽に見えるように、湿度に弱くすぐ曇ってしまいます。

銭湯などでも状況が同じで、温泉などではメガネフレームが硫黄などで変色したりして厄介です。

メガネを外して温泉に入ると、視力が悪い人は分かると思いますが、見知らない場所で周りの様子が見えない事ほど怖いことはありません。

リラックスしに温泉に入りに来てるのにストレスで全く寛ぐことが出来ません。


何かあったときの予備

私は、使い捨てコンタクトを使用しています。
コンタクトの場合、レンズがずれたり落ちたりして紛失する恐れがあります。

その為、予備をいつも携帯しています。

予備と言ってもそれほどかさばらないので、別に不満も感じませんが、メガネの場合レンズが割れたりフレームが壊れたりすると全く見ることが出来ません。

修理や直すのに時間もかかりますし、その間とても不自由な生活を余議されます。

メガネの予備を携帯するのは、コンタクトの予備より場所をとってストレスを感じてしまいますし、旅行等で予備も壊れたり紛失してしまうと、旅行をしてる場合ではありません。

その点、使い捨てコンタクトは、予備として数日分持っていてもカバンの中の場所を取らないし、数か所に保管していれば紛失等にも困らずに対応できます。

結局、メガネは何かあった時に対処しにくいのでコンタクトを使用します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.