> >

私のコンタクトレンズのトラブルの数々



私は乱視が強いのですが、コンタクトを使い始めた当初は、強い乱視の矯正が可能な使い捨てソフトコンタクトレンズがあまり存在していませんでした。

装着時の違和感と頭痛

そこで仕方なくハードコンタクトレンズを使っていたのですが、装着時の違和感が耐え難いほどに強く、頭痛も起こり悩んでいました。

ある日、突然仕事中に片方の目が見えにくくなり、鏡で確認するとレンズが目の中に見当たりませんでした。

気づかないうちにレンズが落ちる

目の裏側に入ってしまったと思い、瞼をめくって同僚に見てもらったり、眼科で指導されたレンズを目の中央に戻す方法を試してみましたが、出てきませんでした。

まさかと思い自分の足元を見てみると、そこにレンズが落ちていました。

ソフトレンズに変更

ハードレンズは外れやすいとは聞いていましたが、レンズが目から落ちたのに気が付かなかった事にそれ以上使い続けるのが不安になり、多少の乱視矯正力の低さは妥協し、使い捨てソフトレンズを使うことにしました。

ソフトレンズはデカいので目に入らない

しかし、ハードレンズに比べてソフトレンズは驚くほど大きく、私の小さすぎる目に入れるのは一苦労でした。

片方の手で上下の瞼を目一杯に開いてもなかなか入ってくれず、毎朝のメイク前に瞼に変なシワができてしまい手を焼いていました。

そのうえ一度で入ってくれないので何度も入れ直す羽目になり、その度に瞼やまつ毛にレンズが触れてしまうので衛生面でも気になっていました。

夜アイメイクを落とす時にオイルクレンジングを使うのですが、微量のオイルが目の中に入り込んでしまう事があり、翌朝コンタクトを付けると目の中に残ったオイルがレンズに付着し、白い膜が張ったような状態になる事も度々ありました。

極度のドライアイ

また、極度のドライアイのせいで、レンズが常に乾きやすく目薬をさしてもあまり効果はありません。

あまりの乾燥にソフトレンズのフチが硬くなり目を痛め、眼科へ駆け込んだこともありました。

その他にも、突然目を針で刺されたような強い痛みを感じ、急いでレンズ外したところ、真っ二つに割れていたこともあります。

トラブルがあまりに多かったので、最近ではお出かけのとき以外はメガネをかけるようにしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.