> >

ハードコンタクトレンズに対するアレルギー



昔から極度の近眼です。

瓶底眼鏡が本当に嫌で、高校生のときに親に初めてコンタクトレンズを作ってもらいました。

乱視がひどいのでハードのコンタクトレンズでした。

ハードコンタクレトレンズって今でも高額ですが、当時はまだ安価なお店もなかったので、結構な出費だったと思います。

でも、ソフトと違ってハードは長持ちするし、取り扱いも楽で便利です。

調子が悪いとゴロゴロしますが、私は気に入って使っていました。
ハードのほうが目にもいいって聞きますし。

目がかすむような感覚に

ところが、ある日、突然目の調子がおかしくなりました。
なんとなく目がかすんでるような気がします。

ぼやける、というのではなく、薄い霧が常にかかっているような状態です。
目がおかしいのかな、と何度かコンタクトレンズをとったりつけたり。

ハードなので水でじゃぶじゃぶ洗ってみたり。
目薬を多めにつけてみたり。

いろいろ試して、そのときは多少よくなるのですが、しばらくするとまた視界がぼんやり澱んでくるのです。

これは仕事で一日パソコンを見ているから疲れがたまってきているのかも。

そう思っていろいろと疲れ目用の目薬をためしたりもしましたが、一向に改善しませんでした。

さらに悪いことに、目やにのような粘つく塊が出てくるように。

ハードコンタクトレンズに対するアレルギー

これはなんかおかしいな、と思ってようやく眼科に行きました。

診断は「ハードコンタクトレンズに対するアレルギー」それまで朝起きてから寝る直前まで、コンタクトレンズと共に生活してきたので、衝撃的でした。

今まで全然平気だったのに、なんぜ突然?と呆然です。

しばらくはコンタクトレンズは禁止して、アレルギー症状の治療をすることになってしまいました。

家族にしかみせたことがないぐるぐる眼鏡で出勤です。

これはほんとにきつかった。
まあ1週間もすれば治りましたが。

ソフトコンタクトレンズにチェンジ

その後、もう一度ハードコンタクトレンズをつけてみてもアレルギー症状が治まらなかったので、ソフトコンタクトレンズにシフトチェンジしました。

ソフトもだめだったら1dayだから、ともいわれましたが、ソフトでは幸いアレルギーが出ず。

今では2weekのソフトコンタクトレンズを使用しています。

もうソフトの取り扱いにも慣れましたが、今でもハードの気楽さを懐かしく思い出します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.