> >

「コンタクトは危ない」と勝手な思い込みですが怖くなりました



私は、子供の頃から目が悪いです。
5歳の頃に両目が、消耗内反(逆さままつ毛)になり、通院に通って居ましたが、大きな病院に紹介をされ手術をしました。
「コンタクトは危ない」と勝手な思い込みですが怖くなりました
子供の頃ですが、手術するまで目が痛かったコトを覚えています。
手術後は、視力にも問題はありませんでした。

視力が悪くなったのは、高校時代です。

黒板が見えなくなり眼科に行き、メガネを使用するようになりました。
勉強のときだけメガネを使用していたので、視力が落ちてしまっていました。

目に違和感や痛みがあっても、眼科には行かなかったので、眼球に傷ができていました。
車の免許を取得するときに視力検査に引っかかっり、眼科に行きメガネを作り直しました。

コンタクトを使いたい気持ちもあったので医師に確認をしたトコロ、「手術しても元に戻ってきている。眼球に傷があるから、コンタクトは使えない」と言われコンタクトを使うコトを諦めました。

眼球が真っ赤になり、まぶたまでが腫れた

私の母も、目が悪くコンタクトをしていました。

あるとき母が「目が痛い」と言い出し、母の目を見たら、眼球が真っ赤になり、まぶたまでが腫れたときがあり、その母の姿を見てから私は「コンタクトは危ない」と、勝手な思い込みですが、怖くなりました。

母は、コンタクトは使わず、メガネを使っています。

母の場合、潔癖症なぐらいキレイ好きなので、手をこまめに洗い家の中にも、アルコール消毒や部屋用のアルコール消毒なども置いてあります。

母は、仕事中にコンタクトを使用し、家に帰ればコンタクトを直ぐに外し、メガネに取り替え、目の洗浄(アイボン)はきちんとしていました。

コンタクトは、使い捨てタイプを使い、コンタクトを付けたまま寝てしまうコトなどなかったので、いきなり目の痛みと、真っ赤に腫れた母の目が、怖かったです。

眼科に連れて行きましたが原因はわからず「コンタクトが合わないね」と言われただけでした。

メガネを付けるコトは邪魔に感じたり、距離感がわからなかったりして階段から転びますが、メガネは眼球に影響がないので安全で安心です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.