> >

コンタクトは一種の整形のようなもの



私が初めて、メガネを購入したのは中学2年生の時でした。
中学ではメガネをかけている友達も多く、コンタクトは入れるのが恐かったので、何も考えずに中学生活はメガネで過ごしました。

よく、メガネとからかわれもしました。

しかし、高校に入学すると、メガネをかけている友達も愕然に少なくなり、周りの生徒も一気にコンタクトに変えていたため、私もコンタクトを利用することになりました。

初めは眼科でコンタクトを入れる練習とはずす練習を何回もさせていただき、家で自分で入れるには初めのうちは、ものすごく時間がかかりましたが、なれると苦痛でもなくなりました。

コンタクトをすると、急に視野が広がった気がしました。
メガネをかけなくてもいい。自然な笑顔がふえ明るくなりました。

また、すごく大人になった気分で毎日うれしかったのを鮮明に覚えています。
コンタクトは一種の整形のようなものだど、私は思います。

その人の人生をかえる。やはり外に遊びに行くときにメガネは、ださく思うし、お化粧をしても目立ちません。


メガネのイメージ

やはりメガネのイメージが強くついてしまいます。

メガネ=ださい

という観念を私は消したかった。

コンタクトをするだけで、気分が変わる。現在は多種多様なコンタクトの種類が豊富で、とても迷う時があります。

街にお買い物に出かける際や、お友達と遊ぶ際、ここぞというとには、黒目が大きく見えるコンタクトを私はよく利用します。

初めは半信半疑でしたが、実際に利用してみると、黒目がすごく大きくなり、はっきりした目になれ、とても目が大きくなった感じがします。

写真を撮った際も目がはっきりと映っていて、すごく嬉しかったです。

友人にも目大きくなったねってほめてもらえました!!

最近はカラーコンタクトも本当に種類が多く、各自の個性がよくだせる時代になったと思います。

今やコンタクトはインターネットで気軽にすぐかえ、眼科で待ち時間なしに購入できるのが一番うれしいです。

コンタクトは私の人生をかえてくれました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.