> >

視界が開け、頭痛が減り、オシャレができる



私は高校生の頃、眼鏡をかけはじめました。

そのころは、初めての眼鏡でちょっと勉強ができそうに見えるのでいいかなと思っていました。

しかし、少しずつ度が進み始めると、レンズが厚くなり眼鏡が重くなって行きました。

すると、鼻あてのあとが残るし眼鏡がずれるたびに掛け直すようになりました。

そのうちにうっとおしく感じるようになりました。

スポーツをする時は特に邪魔で視界がずれる度にクラクラするようになりました。

また、車の運転をするようになってからは、眼鏡だと視界が狭いことがわかりました。
そこでコンタクトの出番です。


私はずっとソフトコンタクトレンズです

コンタクトレンズを最初に着けた感じは、顔がすっきりしました。

それまで不自由に感じていた目の前の違和感が無くなり、視界が開けたのです。
コンタクトを着けて改めて人の視界はこれだけあるのかと気付かされました。

こうなると、まずスポーツをする時にこれまで感じていた不便さがなくなりました。
眼鏡を気にすることなく動けるので、思いっきりプレーができます。

さらに、車の運転では視界が広がったことにより、より安全運転ができます。
どうしても眼鏡だと視界が狭いため身体を大きく動かして左右前後を確認する必要があります。

視界が広がった分、判断が早くでき、運転操作が安定します。


オシャレの幅が広がるコンタクト

コンタクトの利点としてもう一つは、オシャレの幅が広がります。
サングラスやだて眼鏡、女性ならお化粧で様々な表情を見せることができます。

眼鏡だとサングラスをかけるにしても度付きを購入するか、アタッチメントタイプの物を選ぶしかなく、費用と効果のバランスが良くありません。

眼鏡をかけて美人の人もいますが、素顔が綺麗な人にはかないません。

あと、コンタクトをするようになってからは、頭痛や肩凝りが減った気がします。
変な屈折が無くなり、頭痛の原因がなくなったからだと思っています。

このようにコンタクトをする理由としては、視界が開け、頭痛が減り、オシャレができることにあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.