> >

20年コンタクト生活を止められなかった様々な理由



コンタクト生活を始めて20年になります。

最近はワンデータイプを利用しておりますが、この20年洗浄したり、無くしたり、休みの日に病院行ったり、様々な面倒やら紆余曲折やらがありましたが、それでも20年コンタクト生活を止められなかったのには様々な理由がございます。

眼鏡が似合わない

まず、何より第一に眼鏡が似合わないと言う事。100人居たら100人がコンタクトにしなよ!!と言う位の眼鏡の不評です。

友達と遊びに行くときに眼鏡だと、やる気出して!!と怒られる位の似合わなさで、一緒に歩くからにはその似合わない眼鏡はやめて欲しいとの事でした。

デートならまだしも、同性にさえそう言われてしまう感じです。

とりあえず友達減らさない為にも眼鏡は辞めました。

付け加えると、鼻が低いせいなのか眼鏡をかけると眼鏡がずり落ち、おばあちゃんの鼻眼鏡状態になってしまいます…。

しかも顔も大きいのか眼鏡の幅が足りないと感じる事も多々あり、自分の思うような眼鏡に巡り会えないのも、コンタクト生活を止められなかった理由の1つです。


眼鏡だと雲る

次に、仕事の都合で1日に何度も冷凍庫に入る事がありまして、入って出てを繰り返す度に眼鏡だと雲って見えなくなる訳です。

それを拭く時間の余裕があればいいのですが、お客様が待っている場合、拭いている余裕すら無いのです。

それが1日に何度もあると、眼鏡では仕事にならないのでコンタクトを入れて仕事するしかなかったのも理由です。


運動をする時

それからどうしても運動をする時に眼鏡が邪魔になる事がありまして、コンタクトを入れています。

汗をぬぐう時ですら、眼鏡だといちいち外して汗をぬぐう作業になるのでちょっと不便です。

こういった、様々な理由が重なりあって結果コンタクト生活を送る日々が続いております。

目の事を第一に考えると眼鏡生活の方が良いのでしょうが、まず、第一に眼鏡姿の自分を鏡で見ると、自分自身気持ちが落ちるのでしょうがありません。

使用方法等をちゃんと守り目になるべく負担をかけないようにしながらコンタクト生活を続けて行きたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.