> >

自分に自信を持つためにコンタクトレンズは必須



自分に自信を持つためにコンタクトレンズは必須

メガネのうっとうしさ、見え方、眼の疲れ

私がメガネでなくコンタクトを愛用する理由は、まず、メガネのうっとうしさ、見え方、眼の疲れという機能の点です。

私は強度の近視なので、メガネを作るとどうしてもレンズが分厚く重く、ずっとかけていると鼻が痛くなってしまうし眼もすごく疲れます。見え方も実際と少し違う気がするのです。

今使っているコンタクトは、ハードタイプの酸素透過性のものですが、着けているのも忘れてしまうぐらいフィットし、実際のままに見えて眼も疲れません。

メガネより機能の点ではるかに優れているから使っているのです。


メガネは似合わない

次に、メガネは似合わないからです。
いろいろなメガネを試してきましたが、どうしても自分の好きな顔にならないのです。

色気がないといいますか、可愛げがなくなるのです。
自分でいうのもなんですが、私は一応「可愛い」とか「美人」とか人に言われます。

でもメガネをするときつくなり、老けた感じがします。

世の中にメガネ美人はたくさんいますが、でもやっぱりメガネをはずした方がより柔らかな、その人らしい表情になると常々感じています。

私も自分らしい表情でいられるためにコンタクトを使っているといえます。

このことはファッションにも通じることです。

私の好きなファッションは、ふんわりしたワンピースや柔らかなニット、ロングスカートにボレロといったフェミニンなものです。

これにメガネはどうやっても合いません。

また、おしゃれなスーツのときにメガネをすると、こわい感じになり、エレガントさが感じられません。

今好きな洋服類を着続けている間はコンタクトをし続けるでしょう。


アイメイクを楽しむため

そしてもう一つ、最近思っていることですが、近視の私がアイメイクを楽しむためにもコンタクトレンズが必要です。

スパンコールの入ったアイシャドウ、目をくっきり見せてくれるアイライン、マスカラなどアイメイクを手軽に楽しめる化粧品がたくさん出回っているので、試してみると雰囲気が変わり、目に自信がもてる気がします。

これは思いがけないことでした。

目に自信がもてると話し相手のことをしっかり見て話せます。

メガネでファッションを規制され自分の表情も気に入らない毎日より、自信を持っていきいきと人と話せる毎日を送るために私はコンタクトをしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.