> >

私がメガネではなくコンタクトをするいくつかの理由まとめ



私がメガネではなくコンタクトをする理由をいくつか説明したいと思います。


メガネはファッションに合わない

メガネをしていると、落ち着いて見られたり大人しく見られがちです。
カジュアルな服やセクシーな服にはなかなか合いません。

またつけまつげやまつげエクステをするとレンズにまつげが当たってしまい気になります。目も一回り小さく見られます。

両目の間のメガネを支える部分でファンデーションがよれてしまうのも気になります。汗もそこにたまりやすいです。


メガネは行動に制限がある

スポーツをする時は危険な場合があります。
球技などは危険ですし水泳もできません。私はよくジョギングをしますがメガネだとパカパカして邪魔です。

また横をむいてごろ寝、肘をついて頭を支えてごろ寝もメガネの柄の部分が痛くてできません。

お風呂もレンズが曇ってしまうのではいれません。サングラスもかけれません。度付きのサングラスは夜間見にくいです。

メガネをかけながらアイメイクはできません。細かい作業なのでぼやけた視力では難しいです。

メガネの視野や見え方が気になる

メガネをしているとレンズの部分しか視野がなくなります。
例えば真横や真上などはレンズがないのでハッキリ見えないのです。

視野が狭くなるので、一点集中で見ることになり目が疲れます。
また少し物が曲がって見えます。なので道を歩くのが怖いですし歩きにくいです。

メガネは重くて邪魔

ずっとメガネをかけていると頭が重くなってくる気がします。
すぐズレるので直すのが面倒です。

持ち運びもケースにいれるのでかさばります。
コンタクトはケースも予備もポケットにはいるサイズなので旅行でも重くないです。


以上の理由からコンタクトをしています。使い捨てコンタクトなのでメガネよりコストはかかりますが、個人的に度数が変わってもすぐ対応できるからいいと思っています。

またメガネでは上記にのように私らしく生活するのに支障が出ます。
メガネは目に傷がはいったなどでコンタクトができない時にだけ使う代打にすぎません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.