> >

メガネはファッションの一部



大学に入学した直後から視力が悪くなり、自動車免許の更新時にどうしても視力矯正が必要になったのですが、その時から一貫してメガネを使っています。

メガネはファッションの一部

コンタクトレンズを入れるという行為

いくつか理由がありますが、一つ目の理由は、コンタクトレンズを入れるという行為に恐怖感があるためです。

「目の中に異物を入れて痛かったりしないのか」という根本的な問題で、コンタクトレンズを使っているという人に会うたび、使用感などを詳しく聞いています。

コンタクトを使っている人は「最初は怖かったけど慣れれば大丈夫」などというのですが、やはり自分は臆病なのかコンタクトレンズへの恐怖感は払拭できないでいます。


メガネはファッションアイテムの一部

二つ目の理由は、メガネはファッションアイテムの一部だというものです。

メガネをすることで、顔の表情や相手に与える印象に大きな変化をもたらすことができます。

女性ならば、メイクを変えたり付けまつげをしたり…など色々な方法で、顔の印象を変えることが可能ですが、男性の場合なかなか選択肢がありません。その点、メガネは手っ取り早く、しかも確実にその人の顔の印象を変化させられると思っています。

ふちの有り無し、太いフレームを選ぶのか細いフレームを選ぶのか、レンズの形はどんなものを選ぶのか、フレームの素材をどのようなものを選ぶのか、フレームの色は何色を選ぶのか…など、挙げていけばきりがないほど、メガネには選択肢があります。

ですので、仕事のときとプライベートとか、オフィシャルなお堅い場所に出るときと、カジュアルなリラックスできる場所に行くときなど、色々なシーンを想定してメガネをそろえ、その時々の気分によってメガネを変えるのは、まるでお出かけのときにどんな服を着ていこうかとコーディネートをあれこれ考えるのと同じような、とても楽しい瞬間です。

実際、自分自身も色々な場面で使えるようにと現在5種類のメガネをもっており、ネクタイを毎日変えるような感覚で、その日の気分や予定にあわせてメガネを変えて楽しんでいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.