> >

私はこれでコンタクトレンズやめました



もう、コンタクトレンズをやめたのは数年前になります。
私はこれでコンタクトレンズやめました
やめようと思ったきっかけはいくつかあります。
もともとメガネっ子てめがねとは小学生の時からのお付き合いです。

でも、わんぱくな小学生、部活を始める中学生にとってめがねはじゃまものでした。
バレーボール部に所属していた時にはいくつもメガネをこわしました。

そんなこんなでコンタクトレンズを選択したわけです。

意を決して眼科兼コンタクトレンズショップに行き、診察をうけて問題ないとのことで、レンズの装着練習というのをしました。

これが非常につらかったです。

コンタクトレンズを指の上に載せているつもりで、目をさわっていたので結局眼球に傷をつけてしまいました。

それでも、眼科兼コンタクトレンズショップだからなのか、問題なく売ってくれました。
そのとき買ったのはワンデータイプでした。

スポーツをするときだけの為に使うからです。

このワンデータイプが、かなり薄く大きかったためにこれまた入れ難く、コンタクトレンズを入れるたびに目を真っ赤っかにしていました。

コンタクトレンズ中止の診断

そんなあるひ、あまりにも目が痛いので眼科にいったらコンタクトレンズ中止の診断がくだされました。

しばらくして痛みもひいたので眼科に行って再びOKをもらって再開しました。

よくかんがえるとここまでしてコンタクトレンズを使わなければならない理由もないのですが、意地になっていたかもしれません。

そしてコンタクトをやめる決定打がおこりました。

ある日、趣味の自転車レースに出たときです。

レース中、しかもレースの中でも最重要ポイントでコンタクトレンズがとれてサングラスに貼りつき、視界を妨げたわけです。

これは本末転倒もいいところです。

よく見えるようにコンタクトレンズにしていたのに、逆に視界を妨げるものになってしまうなんて最低です。

ここで、度付きサングラスの購入を決意しました。

目の裏側に入ってしまうなどのトラブルも聞きますが私の場合は、コンタクトレンズがとれてしまったためにやめることになりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.