> >

コンタクトの失敗でついたあだ名はウラコンちゃん



わたしは現在めがねを使用している。
コンタクトの失敗でついたあだ名はウラコンちゃん
以前コンタクトレンズを使用していたころは笑いあり、涙ありの失敗ばかりだった。

あのころの私、コンタクトレンズはめがねよりかっこいい!と思っていた。

装着は初回こそ時間がかかったけど二回目以降は簡単で、これで明日からは目元のお化粧もバッチリとうれしく帰宅した。

ハードレンズを買って初日に流してしまった

初めて使用したレンズはハードコンタクトレンズだったから洗浄が必要だけど実は一日目に流してしまった!

きらりとひかりながら排水溝へ消えていくレンズをみたときは泣けましたよ…ほんとに。
そのあとすぐに洗面所の排水溝にセーフティネットをつけました。

ハードレンズを洗浄中に割ってしまった

洗浄のときのトラブルは他にもあって、ハードレンズは洗浄剤をつけて指先でソフトに洗うんですけど汚れが落ちてない?とほんの少し力をいれたら端がパキッと(泣)なんて嘘みたいなほんとの話。

まだ失敗はありますよ、職場でお昼休みに眠くなったので机に突っ伏して寝ていた時のこと、目が覚めた時ぼんやり変?

コンタクトが目の裏側に回ってしまった

何が変なのかすぐにわからなかったけれどそれから大変。

だって片目だけコンタクトレンズがない…どうやら目の裏側に回ってしまったみたいでとるのにすごく苦労した。

同じ部屋の同僚総動員で「上を見ろ、下を見ろ」など…今となっては笑い話ですけどしばらく「ウラコンちゃん」と呼ばれていましたよ、トホホだけどほんとにあのときは目の中でレンズが割れるかとビビリましたね。

その後ワンデイタイプのソフトコンタクトレンズに変更。

これは装着するのになかなかコツをつかめなくて何回か目に装着する前に端を欠いて駄目にしたりしましたね。

ハードコンタクトは目に異物がはいっています!という感じが強くて「無理してコンタクトレンズしてます!」だったけどソフトコンタクトレンズにしたら目の違和感が減ってほっとしましたね。

こんなこともあったんですよ、職場の運動会(体育祭)みたいのがあってドッジボールに出たんですけどボールをよけそこねて顔面へボールがあたったんですね。

結局、コンタクトはやめました

そのときは目は大丈夫だったけど、私の今までの数々のコンタクトレンズの失敗談を聞かされていた同僚が「ドジであぶないからメガネにしたら?」と助言。

それをきっかけにメガネに替えました。

今となっては懐かしいコンタクトの失敗談です。
メガネは鼻のあたりの化粧崩れが気になるんですけど、目にやさしいなと思います。

コンタクトレンズは気がつかないうちに目に傷ができることがあるから定期検査はかかせませんよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.