> >

もうやめられません。メガネ生活



3年前、会社を辞めたタイミングでコンタクト生活からメガネ生活に変わりました。
もうやめられません。メガネ生活
会社に勤めている時は、何となくメガネ姿に抵抗がありました。

時間がなくて、あまりメイクに時間を掛けれない時や、前日飲み過ぎて目がパンパンに腫れている時などのカモフラージュとしてメガネが登場していました。

会社でバリバリ頑張る私と、家でゴロゴロする私を切り分けるアイテムでもありました。

朝、まずコンタクトをつけ、いかにもOL風のメイクとファッションをして、いざ戦場という会社へ。

ヘトヘトになって帰宅し、まずコンタクトを外して、メイクを落とす。

そこで、やっと家でリラックスできるモードに切り替わっていたのです。

コンタクトは使い捨てのコンタクトでした。

以前に比べると随分安くなったとはいえ、毎月一定の費用も掛かっていました。

会社を辞め、家で仕事をするようになってからは、すっかりコンタクトの出番はなくなってしまいました。

外出する際もメガネ

外出する際もメガネで外出することに何の違和感もない自分がいます。

きっちりしたいかにもOL風な格好をしなくなった今、カジュアルな服装が増えました。
そこで、カジュアルな服装にも似合う少しカジュアルなメガネを買いました。

今まで使っていた黒縁メガネで落ち着いた雰囲気のメガネとは一転、真っ赤でフレームも遊び心のあるメガネを買いました。

会社には絶対かけていけないようなメガネです。

赤色のフレームなので、顔色がパッと明るく見えるようになりました。

アイメイクをそんなに施さないほうが、かえってメガネを引き立てるので、メイク時間も随分短くなり助かっています。

カジュアルな服装にはもちろんのこと、意外にもスーツ姿にもしっくりきています。

お財布にも優しいメガネ

メガネは最近、めっきり価格が安くなり、私が購入したのも1本5,000円でした。

今までの使い捨てコンタクト代くらいです。

お財布にも優しい、メイク時間の時短にもなるメガネ。

しかも、服を着替えるようにメガネを変えることで、雰囲気も印象も変えることができる。

簡単にイメージチェンジができるのです。
もう、やめられません、メガネ生活。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.