> >

結局、手軽に利用できるのは眼鏡だった



コンタクトレンズも眼鏡もどちらも利用経験があり、今も両方を利用しています。
ですが、圧倒的に眼鏡を利用する事の方が多いです。
結局、手軽に利用できるのは眼鏡だった
正直なところ、眼鏡とコンタクトのどちらが好きかと聞かれたら、私はコンタクトです。
それでもやっぱり、コンタクトは面倒な事・怖い事が多いです。
気が付けば、眼鏡を手に取ってしまっています。

コンタクトは目に負担がかかる

まず、寝起きです。
朝、起きてすぐのコンタクトは私は苦手です。

コンタクトの為に手を洗いに行く前に眼鏡を掛ける事になりますし、必要ないと言えばありません。

また、洗顔前だと目ヤニとかがある場合もあり、このままコンタクトを付けると痛いです。

どうしてもコンタクトを付けるならば、洗顔などが終わって、お出かけする直前くらいにしかしません。

また帰宅すればすぐにコンタクトを外して眼鏡に変えています。

これは無意識に内にしている行動なのですが、きっと、コンタクトは目が疲れているのだと思います。

確かにドライアイも気になりますし、直接、眼球にレンズを付けているだけあって、目の負担は大きいのだと思います。

コンタクトのお手入れなど

次にお手入れが面倒だからです。
ワンデータイプならばお手入れの必要もないのですが、それだけ費用も掛かってしまいます。

まぁ、毎日付けるわけではないので、そんなに気になりませんが、1年タイプなら3千円くらいで売っている事も多いのに、ワンデータイプを1か月で同じ値段だと思うと、なんだか高く感じてしまって考えてしまいます。

私はコンタクトはカラコン派なので、カラコンの度ありのワンデータイプはまだまだ種類が少ないのもあり、毎日付けるほど購入できていません。

ワンデータイプでなく、毎日お手入れをするとすれば、キチンと洗浄して消毒しなければいけません。

その度に傷を付けてしまう可能性もありますし、キチンと洗浄・消毒できていなければ、目の病気の原因になる事もあり怖いです。

コンタクトレンズは、特にワンデータイプは、何箱もまとめて購入する方がお得になるのですが、視力が合わなくなった時に余らせてしまう事が多いので、これもコンタクトを控えている原因です。余ったコンタクトの使い道がなく困ります。

最近はオシャレな眼鏡も格安で作れるようになっていますし、なによりも掛けるだけという楽さが、コンタクトを遠のけてしまっているのだと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.