> >

コンタクトはお金も手間もかかって面倒



私の視力は0.3くらいでしょうか。
目が悪いですが、日常さほど苦労はしません。

何かを見に行く、たとえば子どもの行事や、動物園や、水族館などに行くというときには、メガネは必須ですね。

以前働いていたころは、コンタクトを使用していました。

私が使用していたのはソフトレンズで、専用の液に浸して毎日消毒をするものでした。

定期的に眼科に行けない

コンタクト自体も結構高かったですが、その消毒液や、目が乾いた時の目薬などを買うお金も結構かかりますし、何よりも一番コンタクトをしなくなってしまった理由は「定期的に眼科に行かなければいけない」ことでした。

正直、決められた間隔では眼科に行っていませんでした。
行く時間もなかったですし、お金もかかります。

また、お風呂やプールのときにうっかりつけたまま入ってしまったこともあります。

寝るときにもはずさないといけないですし、飲みに行ったときなどは途中ではずさなければならないのも大変でした。

とにかくコンタクトは、「お金も手間もかかって面倒」なので、すっかりメガネ派になってしまいましたね。

もっと視力が悪く、裸眼では生活できない感じでしたら、それでもコンタクトにしたかもしれません。

使い捨てコンタクト

最近は使い捨てコンタクトなどもありますが、ちょっと怖いですね。

今のものはどうなのか分かりませんが、昔友人から聞いた話によると隙間ができたりするらしく、やはり怖いなと感じました。

最近は一か月連続装用できるものなどもあるんですね。

以前に比べたら便利になりましたが、やはり眼科に行かなければならないのが面倒でなかなか踏み出せません。

目の中にレンズを入れる行為

もちろん面倒というのが一番の理由なのですが、やはり目の中にレンズを入れるというのは、できれば目のためにはしないほうがベターなのかな、とも思うんです。

定期的に眼科に通うということは、それだけ危険もあるということだと思いますし。
なので、どうしても必要というわけでなければ、メガネのほうが目のためにも良いのかなと思います。

今後も、さほど視力が下がらないのであればこのままメガネのみの使用になると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.